雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】SPRiNG(スプリング)2019年7月号《特別付録》MILKFED.(ミルクフェド)ミニ扇風機

SPRiNG7月号(5/23・木発売)の付録のみを出版社さまのご厚意でお譲りいただきました。一足早くレビューをお届けします!

※発売日前の付録ですので、実際の付録とは異なる可能性があります。あらかじめご了承くださいませ。

MILKFED.(ミルクフェド)ミニ扇風機はどんな付録?

手持ちでも卓上でも使える!ミニ扇風機

持ち運べるハンディタイプで暑い季節を乗り切る強い味方

SPRiNG(スプリング)│宝島社の女性ファッション誌

 

「次号のスプリング付録は、人気ブランド・ミルクフェドのロゴがキャッチャーなミニ扇風機。ストラップをつければ街中へのお出かけに、スタンド固定すればデスク上で使えます。フェスやアウトドアでも大活躍の予感!」

 

ミニ扇風機の公表サイズ

<扇風機本体>高さ19×横(フェイス9、持ち手3)×幅3cm

<スタンド>高さ2.8×Φ6.3cm

<ストラップ>全長20cm

SPRiNG(スプリング)│宝島社の女性ファッション誌

使い方

①本体後ろのフタを外し、単4形乾電池を3本セットします。

②電源を入れます。スイッチを動かせば風量の切り替えが可能。(OFF・弱・中・強)

本体にスイッチの表示がないので、カチッととまる感覚で調節&切り替えをします。

持ち歩いて使用する場合

必要に応じて付属のストラップを付けることが可能です。付属ストラップを本体の下にある穴に通せば装着完了。

 

卓上で使用する場合

付属スタンドに本体を差し込むと、ミニ扇風機を固定できます。

固定して卓上に置けば、手で持たなくても使用可能です。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> ABS PP モーター 単4乾電池

<使用電池/単4マンガン電池※Lonlife社 R03P UM4>

サイズはどれくらい?

ミニ扇風機の高さはB6サイズとほぼ同じです。

<実測サイズ>

高さ・・・19cm

ヨコ幅・・・フェイス直径9cm、持ち手3cm

厚さ・・・3cm

付録を使ってみた感想は?

付録の箱はB5サイズ。パッケージ内でバラバラにならずに、仕切り内に綺麗に収まっていました。

<付録のセット内容>

箱には以下のものが入っていました。

・ミニ扇風機本体

・スタンド

・ストラップ

・単四電池

・説明書

電池や工具は用意する必要ありませんでした。ストラップを通すときに、つまようじや安全ピンなど先が尖ったものが必要です。

<持ちやすさ>

長さ11cmの持ち手は、指が短く手のひらが小さい私でもしっかりと握れました。

<風量>

公式サイトでは、“暑い季節を乗り切る強い味方”と紹介されてた本付録。

細く切ったティシュペーパーで扇風機の風量をテストしてみました。※「弱・中・強」3段階ある風量のなかで最もパワーがある、「強」でテストしています。

〇30cm

30cmの距離からミニ扇風機をあててみましたが、ティシュペーパーはびくとも動きませんでした……。

〇20cm

20cmの距離でもティシュペーパーは揺れたり動いたりしませんでした。

〇10cm

写真では確認できないほど僅かに、さらさらと揺れました。

〇5cm

5cmほどの距離に近付けるとやっと、テッシュがふんわりと動きました!正直「これが本当にMAXの風量なのかな?」と思うほど控えめな風量。

動作音

私物のハンディ扇風機は、風量が強い代わりに動作音が「ヴォォーーン」と音が目立つたりめ、外で気軽に使えないのがネックでした。

こちらのミニ扇風機は、耳に10cmほど近づけないと動作音が聞こえないぐらい控えめ。個人的には、オフィスや電車内でも使用できそうなぐらい静音だと感じました。

<電池の種類>

電池は単四のマンガン電池。本体裏のフタを外せば自分で交換ができます。

卓上に置けるのはかなり便利!でも暑い夏を乗り切るには、もう少し風量が欲しいところ……。私物のハンディ扇風機より小さいため、持ち運びがしやすいのは◎

ノマドワーク中、カフェで「ちょっと暑いけれどエアコンの温度を下げてもらうほどではない」というときにこちらのミニ扇風機を置いて、涼みたいと思います。

以上、2019年5月23日発売予定“SPRiNG 2019年7月号MILKFED.(ミルクフェド)ミニ扇風機”のレビューでした。

〇SPRiNG 2019年7月号

〇発売日:2019年5月23日(木)
〇出版:宝島社