雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

Seventeen(セブンティーン)2019年7月号《特別付録》アリエル クリアミニトート【購入開封レビュー】

 

アリエル クリアミニトートはどんな付録?

「きんちゃく入れておしゃバッグとして使うも、クリアが映えるプールサイドに持っていくのもよしっ♡夏のおでかけのおともに!(本誌p.133より)」

「サイズ

縦22cm×横22cm×マチ10cm(本誌表紙より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

A5がタテ向きにギリギリ収納できるサイズ。マチにはハガキサイズが入りました。

【容量】

目一杯入る容量は500mlのペットボトル3本。

 

<実測サイズ>

本体:縦22cm×横21.5cm×マチ10cm

持ち手:長さ27.5cm 幅2.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 本体:PVC 持ち手:ポリエステル 縁巻き:PP

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ハリのあるビニール素材で触るとぱりっと音が聞こえてきました。プールバッグに使用されているような生地です。ツヤツヤしており、ななめらかな触り心地。

裏地はない1枚仕立てです。薄すぎず、厚すぎない一般的な厚み。

開封直後、強いビニールの臭いがしました。1時間経過した現在では、鼻を近づけないとわからない程度に、臭いが消えつつあります。

持ち手はポリエステルテープで、光に当てるとうっすら透けるほど薄いです。

付録の品質はどう?

付録品質です。ミシン縫いは約4mm幅でやや粗いの縫い目でした。既製品よりは粗い縫製だけど、縁巻き部分は真っ直ぐに縫われています。

バッグ開口部の縫い目が少しでていたり、処理されていない糸がありました。

折りたたむと形がややずれています。中に物を入れて使用すればわからない程度です。

付録を使ってみた感想は?

■耐荷重性

重さ約1.5キロの荷物までなら、接合部の縫い目が伸びたり、持ち手が細くなったりすることはありませんでした。

■耐水性

本体に50ml程のお茶をこぼしてみたところ、表面の水分を弾きました。そのまま放置していたら、ペールグリーンの縁取り部分からじんわりとバッグ内に水分が染み込んできました。

■開口部
固すぎず、やわらかい素材のため大きく広げやすいです。マチがあり透明だから中に何が入っているか見渡しやすく◎ストレスなしで荷物の出し入れができました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

アリエルの絵柄がシックで大人っぽい!マチが10cmと広めで、想像していたよりも収容力がありました。

500mlのペットボトルと、フェイスタオル、ミニ財布を入れてプールやスパで荷物を運ぶのに使いたいと思います。縁巻きから水分が染み込んでくる可能性があるので、スマホは防水ケースに入れておきます。

6/22発売予定のゼクシィ 2019年8月号付録も、アリエルの扇風機だからおソロで持ったら可愛いだろうな…!

 

購入した付録つき雑誌/ムック

 

セブンティーン2019年7月号

付録:アリエルクリアミニトート

学校のサブバッグにも夏のおでかけにも◎

出版社: 集英社

発売日:2019年6月1日

価格:630円