雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

なかよし 2019年7月号《特別付録》ALGY(アルジー)×なかよし キララメ☆フレークボックス【購入開封レビュー】

ALGY(アルジー)×なかよし キララメ☆フレークボックスはどんな付録?

超レア☆おしゃれブランドコラボ!!!
トレンドのラメフレークケースは、持ってるだけでイマドキ♡

なかよし|講談社より

開け閉めの仕方

開け方

ロックパーツを上げてかから、フタを開いてね。

閉め方

フタを閉めたらロックパーツを下げてね。パチッと音がするのを確認しよう。(本誌P.471より)」

 

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記>本体:PP フレーク:PVC

サイズはどれくらい?

ボックス内にはボールペンやマーカーペン(長さ約14cm~14.5cm)が5本入りました。

新品のえんぴつ(長さ約18cm)はボックス内には収納できませんでした。

<実測サイズ>

タテ7cm×ヨコ15cm×厚み2.5cm

付録を使ってみた感想は?

ボックスはツルツルとしたプラスチック素材。100均のピルケースやクリアボックスなどのプラスチック製品よりも、硬さと厚みがあります。

ボックスの蓋が二層構造になっており、星型、ハート型、アルファベットの「A」の3種類のラメフレークが入っていました。上下左右にふるとシャカシャカと音がしながら動きます。

ボックスの開け閉めはロックパーツで行うので、爪先や指に力を入れなくてもラクラク開閉が可能。

ロックパーツのみ軽量の薄めのプラスチックで作られています。

接合部が細いため、長く使用するには少し頼りなさを感じました。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

たっぷりのラメフレークとクリアパープルがカワイイ♪収納した小物を引き立ててくれました。

新品のえんぴつが入らないので、ペンケースにするなら短く削る必要がありそうです。消しゴムを入れるスペースも考えると、サブのペンケースとして活躍してくれそう。私は、マーカーペン専用のペンケースにします!落さないように気を付けなければ……。

キラキラの動くラメフレークは、オトナがみてもカワイイ!!お子さんならもっと喜ばれると思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

なかよし 2019年7月号

発売日:2019年6月3日(月)
出版社:講談社
価格:600円(税込)