雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

kippis long-pocket backpack BOOK(キッピス ロングポケット バックパックブック)【開封レビュー】

ロングポケット バックパックはどんな付録?

『kippis(キッピス)』の新作バックパックは、
長財布やペットボトル、折りたたみ傘や
水筒などがすっぽり入るロングポケット付き。

kippis(R) long-pocket backpack BOOK│宝島チャンネルより

SIZE(約):H40×W26.5×D15.5cm

通勤、通学、ママバッグ……など、さまざまな
用途で使えるバックパックです。

kippis(R) long-pocket backpack BOOK│宝島チャンネルより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バックパック本体

▼B4サイズのケースが縦も横も、余裕を残して入りました!

 

バッグ内側メッシュポケット

▼B6サイズが収納可能。ファスナーはぴったりギリギリで閉まります。

外側ポケット

▼A5サイズがぴったり入りました!ファスナーも引っかかることなく閉められました。

左サイド:ロングポケット

▼500mLペットボトルが余裕で収まります。

右サイド:メッシュポケット

▼B6サイズがゴム部分のところまでキレイに収まりました!

付録の最大容量は?

▼バックパック本体は2Lペットボトルが4本、入りますね!
2Lペットボトルが3本しかなかったので、1Lと500mLの
形状が異なるペットボトルを入れてみましたがすっぽり!

ファスナーもしっかり閉まり、高さもかなり余裕がありました。

<実測サイズ>

★バックパック・・・タテ40cm ヨコ27cm マチ17cm

★外側ポケット・・・H17cm×W23cm

★内側メッシュポケット・・・H15cm×W25cm

★サイドポケット・・・H28cm×W14cm×マチ3cm

★サイドメッシュポケット・・・H18cm×W17cm

◇ショルダーストラップ・・・幅5.5cm ショルダー部分全長40cm
※調節可能アジャスター付 最短43cm 最長82 cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バックパック本体の表地はサラサラとしたポリエステル素材。
少し厚手の生地でハリ感もしっかりあるのですが
広げたり、畳んだりも簡単にできる柔軟性も感じられました。

小中学生が遠足などで、よく使用するスポーツブランドリュックと同じ素材ですね!

内側の布地はポリエステルでツルツルでさらりとした感触。
柔らかく、ペラペラとした薄めの布地です。

外側も内側も刺激臭はなく、鼻をかなり近づけないと素材の匂いは感じませんでした。

 

付録の品質はどう?

縫い合わせも縫い目もまっすぐ!

▼ロゴはタグタイプ縫いつけで、糸の縫い目もまっすぐキレイ。

糸処理が甘く、数カ所に糸がぴょろん、と出ていました。

ショルダーベルトの接合部分は深くしっかり縫い込まれていました。

 

付録を使ってみた感想は?

開口はバックパックのちょうど半分ぐらいまでしかできませんが
生地が柔軟なので片腕だけにかけた状態でも荷物の出し入れができました。

2Lペットボトルを中に2本、サイドポケットに500mLペットボトルと
サイドメッシュポケットに1Lのペットボトルを入れた状態で
上の持ち手部分のみで持ち上げてみましたが、伸び切れる様子なしで丈夫さを実感しています。

▼ファスナーもすんなり閉めることができました!

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大容量で、ポケットがたくさんあるので小さなお子さんを持つお母さんには
かなり便利だと思います。

▼サイドメッシュポケットは上部がゴムになっていて、これがよく伸びる!
幅さえ入れば、出先での箱物のお菓子の食べかけとかゴミをサッと詰め込めそうで便利。

 

▼1Lのペットボトルを入れてみたら、キャップ部分が飛びだしました。

メッシュポケットにおしりふきやウエットティッシュを入れ、水筒はサイドポケット。
本体にはお子さんの着替えも余裕で入れられますね!
なんせ開けた瞬間から丈夫さが伝わってきました!

教科書や本を持ち歩く学生さんにも良いと思います!

今からの時期、子ども達との川遊びなど
荷物が少し多くなりがちなレジャーで活躍しそうです♪

 

購入した付録つき雑誌/ムック

kippis long-pocket backpack BOOK

発売日:2019年5月22日(水)
価格:本体2,310円+税
宝島社