雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

russet(ラシット)保冷バッグBOOK SHOULDER BAG Ver.【開封購入レビュー】

russet(ラシット)ショルダーストラップ付きスクエア型保冷バッグはどんな付録?

大人気バッグブランド、ラシットから
本誌限定仕様の保冷バッグが誕生。

宝島チャンネルより

サイズ(約):ヨコ25×タテ26×マチ15.5cm
ショルダーストラップの長さ 112cm[最長]

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・B5ノートがタテ・ヨコどちらの向きでも入ります。


内ポケット・・・パスポートが横位置で入るサイズ。

サイドポケット・・・B6ノートがタテ向きに入ります。

最大容量は500mLペットボトル8本分です。縦方向に約5cm余裕がありました。


<実測サイズ>
タテ26.5×ヨコ25.5×底面15.5cm
ショルダーストラップ・・・最短55cm 最長109cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り加工、ポリエステル、アルミ、合金、PP、PVC、POM

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表は目の細かいポリエステル。光沢はなく、つるっとした肌触り。裏にPVCコーティングがされているので、もむとパキパキ音がします。ブランドロゴは織りリボンです。

裏面は保冷性能のある、スポンジを貼り合わせたアルミフィルム。光沢と凹凸があり、生地の厚みは私物の付録保冷バッグと変わりませんでした。わずかですが、PVC特有の刺激臭を感じます。

付録の品質はどう?

既製品よりやや大きめの縫い目幅で、変形などの目立つ縫製不良はありません。パイピングの合わせのみ、はみ出して縫われていてやや雑でした。

付録を使ってみた感想は?

・保冷効果
内ポケットにタテ8×ヨコ7cmの保冷剤2個を入れて室内に置いたところ、約3時間半で溶けました。

・ショルダー
身長161cmの私が最長で肩にかけると、開口部がウエスト位置。やや短めに感じました。マチがあるので斜めがけよりワンショルダーの方が使いやすかったです。ショルダーは滑りが良い生地のため、引っ張るだけで調整でき楽でした。

・持ち手
柔らかめのポリエステルで、肌あたりが良かったです。

・ファスナー
滑りが良く、開閉はスムーズです。たまに角で閉めづらくなることがあり、手を添えて閉めなければならないのが、少し面倒でした。

・耐荷重
ショルダーの場合2kg、持ち手の場合3kgまでです。特に持ち手の場合は3.5kgに差し掛かると縫い目が見えてきて、これ以上は無理だと感じました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ショルダーとトートバッグの2WAYなので、中身やシチュエーションに合わせて使い分けできるのが嬉しい!レジャーシーンでは荷物が増えがちなので、ショルダーで両手を開けられるのが個人的に◎です。見た目もシンプルなので、オンでもオフでも使いやすそうな保冷バッグだと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

russet保冷バッグBOOK SHOULDER BAG Ver.

発売日:2019年6月1日(土)
価格:本体1690円+税
宝島社