雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

Reebok CLASSIC SHOULDER BAG BOOK(リーボッククラシック ショルダーバッグブック)【開封購入レビュー】

ショルダーバッグ&カラビナはどんな付録?

とっても軽いから身軽に動ける!
旅行のサブバッグやフェス用にもぴったりです。

宝島チャンネルより

SIZE(約)
バッグ:幅18×高さ24×マチ7cm
ストラップの長さ130cm[最長]
カラビナ:2.5×4.7cm

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

・ショルダーバッグ
メインポケット・・・B5ノートがタテ向きで入ります。

内ポケット・・・A5ノートがタテ向きで入るサイズ感。

前ポケット・・・B6ノートがタテ向きで入ります。

最大容量は500mLペットボトル3本分です。

・カラビナ
交通系ICカードと比較してみました。

<実測サイズ>
・ショルダーバッグ
タテ25×ヨコ18.5×底面7cm
ショルダーストラップ:最短66cm 最長130cm

・カラビナ
タテ2.5×ヨコ5cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。ショルダーバッグは公式情報で「軽量」と評されていたので重さを測ってみると、110gでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> バッグ:ポリエステル、合金、鉄、POM、カラビナ:合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はマットなポリエステルで、つるっとした肌触り。バッグに使われるポリエステル生地にしては珍しく、筒状に丸められるくらい柔らかな質感です。

裏地は薄手のポリエステル。つるつるで柔らかな質感で、光沢はありません。特に気になる臭いはありませんでした。

付録の品質はどう?

小型のバッグにしては珍しく既製品よりやや大きめの縫い目だったものの、変形などの縫製不良はありませんでした。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーバッグ
ショルダーベルト:身長161cmの私が斜めがけすると、腰に開口部がくる長さは119cm。ベルトの素材が薄手で滑りが良く、長さ調整がラクラクでストレスフリーでした。ベルト生地も柔らかめで馴染みやすかったです。

各ポケット:縦方向に長いバッグですが、メインポケットはコの字に開くので奥まで見やすいのが良いです。前ポケットはギャザー状のマチが付いているので、8つ折りしたフェイスタオル(縦80×横30cm)も入り、見た目以上の収容力がありました。

耐荷重:1.5kgまでが限界です。これ以上は生地のつっぱりや、ベルトが肩へ食い込むのが気になります。

ファスナー:動きはスムーズ。生地が柔らかいためか、角で動きが鈍ることなく開閉できたのが良かったです。噛み込みもありません。プラスチックの引き手が大きく厚みがあって、つまみやすく引きやすかったです。

・カラビナ
私物のカラビナと比較すると開閉部分のバネが優しく、開閉が容易でした。公式で鍵をつけることをお勧めしていたので、鍵(穴の大きさ:約5mm角)を通してみたところ、ロゴの手前までしか通りませんでした。カラビナにものをつける場合は、カラビナと対象物の間に二重リングなどをつけるほうが使いやすいと感じます。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

表紙に「軽量で丈夫 毎日バッグ」とありますが、生地の柔らかさに強度への不安を覚えました。確かに「軽量な割には丈夫」と言えるかもしれませんが、私個人は裏PVC貼りなど生地がしっかりしたバッグのほうが安心感があります。「毎日バッグ」にするより、丸められる柔らかさを生かして旅行時のサブバッグのほうが向きではないかと思う・・・そういう意味で「う〜ん」です。

購入した付録つき雑誌/ムック

Reebok CLASSIC SHOULDER BAG BOOK

発売日:2019年6月14日(金)
価格:本体1,680円+税
宝島社