雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】steady.(ステディ)2019年8月号《特別付録》ミッキーマウス相棒ショルダーバッグ

2019年7月5日(金)発売のsteady.(ステディ)2019年8月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

ミッキーマウス相棒ショルダーバッグはどんな付録?

steady.2019年8月号の付録は、世界的人気キャラクターであるミッキーマウスとのコラボ!コンパクトなシルエットながら長財布もすっぽり入る大きさで、収納力も抜群です。

宝島チャンネルより

サイズ:縦19×横14×マチ6㎝
ストラップの長さ:133㎝(最大)

宝島チャンネルより

パッケージはショルダーバッグ本体がピッタリ入るサイズ感の、A5やや横長サイズでした。バッグと同じミッキーが描かれていてキュート♡


付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・B6ノートがタテ向きで入るサイズ感。私物の長財布(長さ約19cm)も縦にピッタリ入りました。

内ポケット・・・A6ノートがタテ向きで入ります。

外ポケット・・・ポケットはファスナー上まで空間がある仕様です。ファスナーまでの高さを基準にすると、パスポートがタテ向きで入る高さでした。

最大容量は500mLペットボトル2本分です。

<実測サイズ>
タテ19×ヨコ14×底面6cm
ショルダーストラップ・・・最短71.5cm 最長132cm

公式情報とピッタリのサイズでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PVC、PP、合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はマットなポリエステル。もむとコシのある質感で、触るとカサカサと音がします。ミッキーは刺繍です。

裏は薄手のポリエステルで、紙を丸めたときのようにカサカサ・パリパリと音が出る少し硬めの生地です。光沢はなくつるっとした触り心地。少しPVC特有の刺激臭がありました。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は既製品に比べると少し大きめで、一部糸の飛び出しが見られました。パイピングも端のカットがギザギザ、合わせにもズレが。縫製の曲がりやバッグの変形はないものの、やや既製品には及ばない仕上がりです。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーベルト
ベルトの表面がつるつるで滑りが良く、ベルトを引っ張るだけで長さ調整ができて便利。身長161cmの私が斜めがけする場合、腰に開口部がくる長さは117cmでした。ベルトは厚手ではないものの、目が詰まった織りベルトで適度なコシがあり、フニャフニャしにくいのも良かったです。

・ファスナー
動きはスムーズで、コの字ファスナーの角も引っかかりなく開閉は楽々でした。バッグの半分弱がコの字ファスナーなおかげで、中身が見やすい・奥まで手も届くなど使いやすかったです。

・耐荷重
1.5kgまで。それ以上はバッグとベルトのつなぎ目に突っ張りが現れました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

バッグは掛けてみるとサコッシュのようなコンパクトさ。しかし長財布も入るサイズ感を押さえながら、500mLペットボトルも入るマチと前ポケットがあって、私物のサコッシュを上回る使い勝手でした。これは名前の通り相棒になってくれそうな予感・・・私物のサコッシュはマチもポケットもないので、浮気しようか真剣に悩み中です。

以上、steady.(ステディ)2019年8月号《特別付録》ミッキーマウス相棒ショルダーバッグのご紹介でした。

steady. 2019年8月号

発売日:2019年7月5日(金)
価格:1,000円
表紙:石原さとみ
宝島社