雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMax(モノマックス)2019年8月号増刊号《特別付録》マーモットの特大保冷バッグ

2019年7月9日(火)発売のMonoMax 2019年8月号増刊号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

マーモットの特大保冷バッグはどんな付録?

特別付録は、マーモットの特大保冷バッグ!

宝島チャンネルより

「大袋のスナックからワインボトルまでたくさん入る大容量バッグです。(予告画像より)」

パッケージサイズはA4。3つ折りされたトートバッグが箱ピッタリに収まっていました。


付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグはB5ノート見開き(B4相当)がタテヨコどちらにも入るサイズ感。


内ポケット・・・パスポートが横向きで入ります。

外ポケット・・・2箇所とも同サイズで、A6ノートが縦向きで入る大きさ。

最大容量は1.5Lペットボトル7本分です。

<実測サイズ>
タテ38×ヨコ46×底面14.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表は触るとカサカサ音が出る質感のポリエステル。リュックの付録などでよく見る生地です。裏PVC貼りのため、見た目よりも硬さ・コシがあり自立します。光沢はなく、ブランドロゴはシルク印刷です。

裏は薄手のポリエステルで、銀色のコーティングが施され光沢がある質感です。触れると柔らかながらも、少しパリっと音が。表地と裏地の間にスポンジはありません。バッグの中に顔を近づけると、PVC特有の刺激臭を感じます。

付録の品質はどう?

目立った変形もなく、縫い目の幅は既製品と同等の箇所とやや大きめの箇所が入り混じっているものの、縫製の乱れがないきれいな仕上がりでした。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩にかけると、バッグ開口部がアンダーバストの高さ。ベルトは太くて安定感があり、バッグの下まで長く伸びているので、重い荷物を持つときにバッグが突っ張りにくかったです。

・ファスナー
動きは軽快でスムーズ。軽い力で開閉できるので楽でした。

・保冷効果
タテ8×ヨコ7cmの保冷剤2個入れて置いておいたところ、暑い日は2時間半、涼しい日は3時間で溶けました。

・耐荷重
バッグの突っ張りは出にくいものの、肩への食い込みを考えると4kgまでが限界でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

1.5Lペットボトルを入れてもファスナーを閉めることができる大きめサイズの保冷バッグは、これからの季節にひとつあると便利なアイテム!重い荷物も太めのベルトでしっかり支えてくれるのも心強い。デイリーのお買い物から休日のレジャーまで活躍しそうなバッグです。

以上、MonoMax(モノマックス)2019年8月号増刊号《特別付録》マーモットの特大保冷バッグのご紹介でした。

MonoMax 2019年8月号増刊号

発売日:2019年7月9日(火)
価格:1,480円
宝島社