雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

小学一年生 2019年8月号《特別付録》ポケモンとハーブをそだてようセット【開封購入レビュー】

どんな付録?

シードペーパーとポットとボックス、デコシールのセット。
シードペーパーを土に埋めて水を与えると、バジルが育つ!
夏休みにたのしく植物を育ててみましょう!

ふろくはポケモンとハーブをそだてようセット! | 『小学一年生』』より

今月の付録はボックスのみ組み立て式。作りは簡単なので、10分もあれば十分でした。
土は付録についていないため自分で準備、シードペーパーは土に植える前に一晩水につけておく必要があります。

・育て方
「1:目が出るまでは温かいところに置いて、毎日水やりをする
2:芽が出たら日当たりが良いところに置いて、しっかり水をあげよう
(本誌p.89より)」

原産国は?素材は?

原産国や素材に関する表記はありませんでした。
私見でわかる範囲の材質は、ボックスが紙、ポットは不織布です。

サイズはどれくらい?

ボックス全体はB5ノートにおさまるくらいのサイズ感です。

付録を使ってみた感想は?

一晩水に浸したシードペーパーと、土を入れたポットを準備して、いざ植えます!


植物を植えるなんて久しぶりなので、ちょっとドキドキ。土は以前100円ショップで購入した培養土が残っていたので、それを使用。ポットはタテ9×ヨコ10cmと決して大きくはないため、土をこぼさないように小さめのスコップで入れました。

種の植えかたはとっても簡単。土の上に水を吸ったシードペーパーを置いて、その上から5mmくらい軽く土をかぶせるだけです。5分くらいであっという間に終わりました。

種を植えたら、組み立てたボックスにポットを入れます。セット完了!きつすぎず緩すぎず、ちょうど良くおさまりました。

さて、ボックス天面にはたくさんのスリットがありますが、これは何でしょう?

 

これはポケモンのピックをさすためのスリットです。14種あり、意外と私でもわかるポケモンばかりでした。一番奧の幅が大きいスリットには看板を立てるので、残りの7箇所に好きなピックをさしてデコレーションができます。

好きなピックと看板を立てたら完成です!
ポケモンは進化前がかわいいと思う派の私は、ピックは進化前ポケモンで固めました。あとは日当たりの良い場所に置いて、毎日忘れずに水やりをするだけ。

本当に芽が出るのかどうか・・・ここからがこの付録の楽しみなところ。しばらくポットとにらめっこしながら、芽が出るまでのドキドキ&ワクワクを楽しみたいと思います。

追記:その後7/3(植えてから3日)に無事発芽しました!

この付録、アリ?ナシ?

あり!

夏休みの自由研究にも使えそうな内容で、まさにこれからの時期にぴったり!一時的に遊んで終わりではなく、一定期間じっくり時間をかけて楽しめるのもいつもの付録とはまた違った味わいがあります。私が小学校時代の夏休みといえば、朝顔やミニトマトを育てる宿題があったことを思い出しましたが、今や付録でバジルが育つ時代・・・おしゃれになったものです。

購入した付録つき雑誌/ムック

小学館の学習雑誌『小学一年生』2019年8月号
2019年7月1日(月)発売
付録+ドリル付き本誌+保護者向け別冊がセット!
定価 980円(税込)

『小学一年生』より