雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

KANGOL BACKPACK BOOK(カンゴール バックパックブック)【購入開封レビュー】

カンゴール バックパックはどんな付録?

KANGOLオフィシャルブック第5弾は、
待望のバックパック付きで登場です。
無駄のないシンプルなデザインで、
仕事や遊びに幅広いシチュエーションで
持てるアイテムです。

KANGOL BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネルより

ブランドロゴをテープであしらった、
ミニマルでユニセックスなデザイン。

止水風デザインのフロントジッパーも
ポイントです。
KANGOL BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネルより

 

サイズ(約):タテ35×ヨコ26×マチ14cm

KANGOL BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

それぞれの収納場所に以下のサイズがはいりました。

・本体:A4タテ

・内ポケット:A5ヨコ

・サイドポケット:はがきサイズ

・フロントポケット:A5ヨコ

【容量】

本体には2リットルのペットボトル4本が収容可能。

さらにサイドポケットには、500mlのペットボトルが1本ずつ入りました。

<実測サイズ>

本体:タテ34m×ヨコ26cm

底面:タテ13cm×ヨコ26cm

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> PVC ポリエステル裏PVC貼り

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ゴワゴワとした触り心地のナイロン風のポリエステル生地。

裏側はビニール加工が施してあるので、パリっとした固さがありました。

荷物を入れていない状態でも、マチを広げれば自立可能。

バックパックのファスナー上部には、「KANGOL 」のロゴプリント入りのアクリルテープがあしらわれています。触るとデコボコしており、ドライな質感。

バックパックに鼻を近づけるとビニールの臭いがしますが、気になるほどではありませんでした。

付録の品質はどう?

ミシン目幅は4mm~5mm。表側は一定で、ラウンドカーブの曲線もキレイに縫われていました。

裏地に、パイピングが二重に縫われていたり、始末されていない糸がぴょこんとでていたりしました。縫われたリュック紐の端も見えており、少し雑な縫製です。

外から見ただけではわからない部分なので、個人的には気になりませんでした。

付録を使ってみた感想は?

本体ファスナー

開け閉めの際に、ファスナーが屋根のようについているカンゴールのテープやパイピングを噛んでしまったりひっかかったりします。開口がもたつくので、開け閉めのしやすさはいまいちでした。

持ち手についている紐のおかげで、ファスナーが指でつまみやすい点はとても画期的。

フロントポケット

止水風ジップがハイセンスなフロントポケット。片手で開け閉めができるほどスムーズに開口が可能。長財布+スマホがすっぽり入るので、よく使うものはフロントポケットに入れれば、出し入れも楽に行えました。

耐荷重

荷物を入れて耐荷重をチェック!約4キロの荷物を入れて持ち上げても、リュック紐が細くなったり、生地や縫い目が伸びたりすることはありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

本体ファスナーの開口がしにくいというマイナス面があるものの、よく使う財布やスマホはフロントポケットに入れればOKだと気づいたので「アリ」!主張しすぎないロゴ入りのテープにセンスを感じます。カジュアルやスポーティーファッションの時に合わせたいデザイン。マンネリ化している毎日のコーディネートを刺激をあたえるべく、普段使いやおでかけに使っていきたいと思います。

 

購入した付録つき雑誌/ムック

KANGOL BACKPACK BOOK
発売日:2019年7月4日(木)
価格:2268円
宝島社