雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】GLOW(グロー)2019年9月号増刊《特別付録》Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン) サマーバッグ

2019年7月26日(金)発売のGLOW(グロー)2019年9月増刊号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

Pacific DRIVE-IN サマーバッグはどんな付録?

9月号増刊の特別付録は、
鎌倉・七里ヶ浜の洒落てる絶景カフェと初コラボ!
「パシフィックドライヴ・イン」のサマーバッグの登場です。

GLOW(グロー) 2019年 9 月号増刊【付録違い版】 | Amazonより

サイズ(約):タテ35×ヨコ47×マチ13cm
肩がけ可能です。

GLOW(グロー) 2019年 9 月号増刊【付録違い版】 | Amazonより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B4サイズもすっぽりの大きさ!

<最大容量>

2Lペットボトルを立てて4本、並べて入れることができました。底幅もペットボトルとぴったり。

<実測サイズ>

縦 35cm×底幅 37cm×バッグ上部(一番広いところ)横 47.5cm×マチ 14cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ全体、ツルツルの手触りのビニールコーティングで光沢あり。

匂いは外側は全く匂いなしなのですが、内側はビニールバッグと同じ匂いがします。ちょっと強め。

素材は一枚ではなく、中が麻のような生地で格子状のように編まれています。

上からビニール素材で包んだような状態です。ビニール素材をつまむことができました。

裏地はサラサラとした手触りのポリエステル素材で光沢あり。こちらも接着はしていません。

ビニールの硬さと丈夫さでしっかり自立もしますが、折りたためる柔軟さも持ち合わせています。

付録の品質はどう?

ミシン目は4mm幅で一定に縫われており目立つ汚さもなし。

持ち手のステッチはよーく見ると少し糸のぐちゃぐちゃ感がありました。

バッグ横の表側は少し縫いツレがありましたが、気づかないレベル。

アップで見ると糸目の隙間がわかるかな~という感じ。

サイドと底が繋がる部分にズレが少しあり。

 

付録を使ってみた感想は?

ガバッと開く大きな口は、肩にかけた状態でも出し入れしやすい!

身長160cmの筆者が肩にかけると、出し入れ口がちょうど胸のあたりにくるのですが
バッグの中をのぞきやすい位置で、物を探すのも肩にかけた状態でできました。

2Lペットボトル4本を入れて肩にかけてみるとさすがに8kgは重く、
持ち手の糸が伸びてきちゃいました。
でも5kgほどは余裕で持てそうな耐荷重性です。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

箱から出した瞬間、「デカい・・!」と思いました。

麻のような“ラフィネ調”生地が夏っぽく、ビニール加工が涼し気でオシャレ。
バッグの大容量感に対して持ち手が少し細い印象でしたが
8kgは持てたので、それ以下であれば難なくクリアできるでしょう。

ブランドムックで2000円越えするビニールバッグに比べたら品質は高いかも!?
お買い物バッグとして重宝しそうです!

購入した付録つき雑誌/ムック

GLOW 2019年9月号増刊

発売日:2019年7月26日(金)
表紙:板谷由夏
宝島社