雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMax(モノマックス)2019年9月号《特別付録》Incase(インケース)の万能ケース

2019年2019年8月9日(金)発売のMonoMax(モノマックス)2019年9月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

Incase(インケース)の万能ケースはどんな付録?

大人気のIncaseが本誌付録初登場!
荷物を美しく収納でき、13インチのPCもしっかり入る!

宝島チャンネルより

届いた箱のサイズは、A4よりやや大きめサイズ。バッグは二つ折りの状態で梱包されていました。

中にはいろいろな大きさのポケットがついています。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

大ポケット・・・A4ノート横向きサイズ

中ポケット・・・B6ノート横向き、A5ノート縦向きサイズ

メッシュポケット・・・A6ノート横向きサイズ

小ポケット・・・パスポート横向きサイズ

ペンホルダー・・・長さ15cmのペンが入るサイズ

パソコン用ポケット・・・13インチのノートパソコンがぴったり入ります

最大容量は厚さ2cmのノートパソコン+8つ折りした薄手のフェイスタオル(縦80×横30cm)2枚です。

<実測サイズ>
タテ26×ヨコ38×底面3cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル+PVC、ポリエステル

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表は目の粗いポリエステル。光沢はなく、表面に触れるとカサカサ音がします。裏地との間にスポンジが入っているため、ふわっとした触り心地。ブランドロゴはプリントで厚みがあります。

中は薄手のポリエステルで、柔らかくつるっとした肌ざわり。光沢はありません。

パソコン用のポケットはクッション入りのため、ふわっとしています。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は既製品並みです。変形や縫製の乱れや糸の飛び出しもなく、きれいな仕上がりでした。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
手へのあたりが優しい柔らかめの生地。指に当たる部分の幅が細めに加工されているため、女性の手でも持ちやすかったです。

・ファスナー
角でやや動きが鈍くなる以外は動きはなめらか。コの字ファスナーで大きく開き、バッグの中が見やすいので便利に使えます。

・各ポケット
生地がつるっとして滑りが良いので、どのポケットも中身の出し入れがしやすかったです。パソコン用ポケットは13インチのノートパソコンが入るもののゆとりがなく、厚みがあるパソコンだとやや窮屈に感じられました。面ファスナーの接着は強めで、しっかり接着しパソコンを固定できます。

・耐荷重
2.5kgになると持ち手の付け根に突っ張りが出るため、2kgまでが限界でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ノートパソコンを収納するバッグは色々ありますが、パソコン以外に書類や文房具も収納できるのが便利!ポケットのサイズや数も豊富で、細かく仕分けできるのも◎。個人的にはこのバッグひとつで外出もできる身軽さも好みです。ノートパソコンを持っているなら、ひとつ持っておいて損はないバッグだと思います。

以上、MonoMax(モノマックス)2019年9月号《特別付録》Incase(インケース)の万能ケースのご紹介でした。

MonoMax 2019年9月号

発売日:2019年8月9日(金)
価格:980円
宝島社