雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

staub(ストウブ)保冷・保温ビッグバッグBOOK【開封購入レビュー】

staub(ストウブ)保冷・保温ビッグバッグはどんな付録?

特別アイテムは、ストウブの新色「カンパーニュ」カラーの保冷・保温バッグ。
ピコ・ココットの18cmサイズがすっぽり入る大容量!

保冷バッグとしてはもちろん温めたお料理を持ち運ぶこともできるので、
ピクニックなどのアウトドアシーンで大活躍すること間違いなしです。

宝島チャンネルより

SIZE(約):W44.5[最大]×H32×D17.5cm

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・B5ノート見開き(B4ヨコ相当)サイズ

内ポケット・・・A6ノート縦向きサイズ

前ポケット・・・B6ノート縦向きサイズ

最大容量は1.5Lペットボトル6本分でした。

<実測サイズ>
タテ32.5×ヨコ45.5×底面18cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル

<製造国> MADE IN CHINA

<耐熱・耐冷温度>+50℃〜-10℃

<耐荷重>10kg

付録素材を見た、触れた感じは?

表はマットなポリエステルで、触るとカサカサ音がします。ブランドロゴは織りリボンです。

裏面はスポンジを貼り合わせたアルミフィルム。光沢と凹凸があり、ふわっとしています。スポンジの厚みは私物の付録保冷バッグと同じくらいです。特に気になるような臭いもありません。

付録の品質はどう?

縫い目の幅はやや大きめながら、歪みや変形はなく整っています。ただ底面のパイピング端に返し縫いがされておらず、ほつれが見られました。したがってやや既製品に及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩にかけると、開口部がバストトップにくる長さ。生地は柔らかく、重い荷物を持っても肩や手への当たりが優しかったです。バッグは手提げで持つこともできますが、持ち手が長いため重い荷物を持つ場合は肩掛けのほうが楽に感じました。

・保冷効果
タテ8×ヨコ7cmの保冷剤2個が、溶けるまで要した時間は約3時間。手を入れると少しひんやりしていて、冷気がこもっているのがわかりました。

・ファスナー
かなり軽い力で開閉でき、動きはスムーズ。ファスナーが長くても、ストレスなく開け閉めできるのが良かったです。

・耐荷重
公式の耐荷重は10kgとあるものの、実際に10kgの荷物を入れて持ち上げるとバッグがかなり突っ張ります。持ち手にも重さでたわみが現れ、10kgに耐えられるものではないように感じました。個人的には7kgぐらいまでが限界に感じます。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ストウブのピコ・ココット18cmがすっぽり入る大きめマチと、保冷・保温どちらにも使えるのが良いです。特に「ストウブで作った暖かい料理を持ち運ぶ」という使い方ができるのが新しいと感じました。個人的には保冷バッグとして使うより、暖かいスープや煮込み料理を持ち運んでみたい!肌寒い時期がくるのが待ち遠しくなるバッグです。

購入した付録つき雑誌/ムック

staub 保冷・保温ビッグバッグBOOK

発売日:2019年7月12日(金)
価格:2,138円
宝島社