雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

BAILA(バイラ)2019年10月号《特別付録》PAUL & JOE(ポール&ジョー)×BAILA リバーシブル猫ショルダートート【購入開封レビュー】

PAUL & JOE(ポール&ジョー)×BAILA リバーシブル猫ショルダートートはどんな付録?

人気ブランド【ポール & ジョー(PAUL & JOE)】のアクセサリーライン【ポール & ジョー アクセソワ(PAUL & JOE ACCESSOIRES)】と一緒に、リバーシブル猫ショルダートートバッグを作りました!

@BAILA|

サイズ

ものがたっぷり入るよう、高さ約36×幅約34㎝の大きめサイズ
@BAILA|

また、トートバッグとして使えるショートストラップと、クロスボディやショルダーバッグにもなるロングストラップの2種類をあしらいました。裏返すとオールブラックのバッグに早変わり!@BAILA|

【表】

【裏】

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

A4サイズがヨコ向きにもタテ向きにも収納できました。

B4サイズのタテ向きも収納可能ですが、少しだけハミ出てしまいます。

【容量】

2リットルのペットボトルが2本収容できました。

<実測サイズ>

本体:縦35.5cm×横33.5cm

ショルダー紐:79cm

持ち手:30.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

【表地】

しっとりとした触り心地のポリエステル素材。目地が細かくザラザラしています。

【裏地】

触るとバリバリとしたポリエステル生地です。うっすらと光沢があり、たとえるならウィンドブレーカーのような素材でした。

付録の品質はどう?

縫い目は4mm幅で、少し歪んでいます。ところどころに処理されていない糸がピョンピョンはみ出ており、付録らしい品質です。

付録を使ってみた感想は?

【耐荷重】

四キロの荷物を入れてもちあげたところ、持ち手接合部の縫い目がひきつれたり伸びたりしないものの、手のひらに食い込み安定感がありませんでした。

ショルダー紐や持ち手が補強されて縫われていないので、四キロの荷物を入れた状態で長時間の持ち運びには不安があります。

荷物を二キロに減らしたところ、安定感があったので、耐荷重は約二キロぐらいかなと思いました。

【持ち運びのしやすさ】

マチがなく、コンパクトに折り畳めます。手持ちのショルダーバッグのA6サイズポケットにも入り、持ち運びもしやすいです。

【ショルダー紐】

身長155cmの私が斜めがけをすると、バッグ開口部がおへその上あたりの位置にきました。

身長が高くない私で長さがピッタリなので、高身長さんにはショルダー紐が短く感じるかもしれません。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

付録らしい品質ですが、ポール&ジョーの猫ちゃんデザインが可愛いので「あり!」。

折り畳めるため鞄に忍ばせておけば、サブバッグとして使え、さらにショルダー紐があるので荷物が多い私には嬉しいです。

サイズも大きめなので図書館で借りた絵本や本を入れるサブバッグとして使います。

購入した付録つき雑誌/ムック

BAILA 2019年10月号

発売日:2019年9月12日(木)
表紙:ヨンア
集英社

価格:860円(税込)