雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

リンネル 2019年11月号増刊《特別付録》nestRobe(ネストローブ)の本革二つ折り財布&本革ペンケース【購入開封レビュー】

セブン-イレブン、セブンネットショッピング限定販売
※一部の店舗では取り扱いがない場合があります

nestRobe(ネストローブ)の本革二つ折り財布&本革ペンケースはどんな付録?

使うほどに味わいが出る、高級感漂う本革の二つ折り財布とペンケースのセット

リンネル 2019年11月号増刊│宝島チャンネルより

サイズ(約)
財布:H9.5×W11[たたんだ状態]×D2.5cm
ペンケース:H4.5×W18.5×D2.5cm

リンネル 2019年11月号増刊│宝島チャンネルより

サイズはどれくらい?

二つ折り財布は折りたたんだ状態で、縦・横ともにB7サイズ横向き。

ペンケースはB6サイズ横向きの長さでした。

<実測サイズ>

二つ折り財布(たたんだ状態)・・・縦 10.5cm×横 12cm マチ 3cm

ペンケース・・・縦 5cm×横 18.5cm×マチ 2cm

付録を使ってみた感想は?

<二つ折り財布>

・カード入れ

カード入れは左右合わせて4枚収納することが可能、1ポケットに1枚しか入りませんでした。
ポイントカードやクレジットカードなど平均的な厚みなカードでもギチギチとした感じで、出しれはしにくかったです。

・小銭入れ

小銭は全種類をランダムで25枚入れてみましたが、まだまだ余裕ありの広さです。50枚近く入れてもパンパンになることはなさそうだと感じました。

ガバッと開き、小銭も探しやすくて取り出しやすいです。ツルリとした裏地のおかげで、小銭もするすると動きまわりました。

・お札入れ

一万円×1枚、五千円×1枚、千円札×5枚を入れてみたところ、かなりいっぱいいっぱいの状態に。

しかも一番幅がある一万円札は入れる際にぐにゃりと曲がり、ぐいぐいと押し込んで入れました。

千円札はすんなり入ったので、千円札ならば10枚ギリギリ入るかな?という感じです。お札の出し入れはちょっとしにくかったです。

・その他

スナップボタンはやや軽め、ポチッとはまりこんだ感覚はあるので最初は全然問題なさそうですが、使い続けていたらホールド力は弱くなっていきそうだなぁ、という印象です。

ファスナーは10回ほど開閉しましたが、引っかかることなくとてもスムーズでした。終端も財布の内側まで入り込んでいて、端の処理も目に見えません。

裁縫は、表側の全体は細かい縫い目でまっすぐキレイに縫われていました。本革風レザー調の生地は、シボ加工が施されていて、見た目も本格的で高級感があり、とてもおしゃれです。

しかしお札入れの内側にカードポケットの端がきていて、切りっぱなしとなっていて糸処理が雑でした。

<ペンケース>

市販の油性ペンが3本が最大容量で、長さは少し余裕あり。そのためペンの出し入れは特に問題ありませんでした。

ファスナーも務歯が細かく、ギュッと詰まったような閉まり心地で開閉もとてもスムーズです。

こちらも本革風のレザー生地、ブランドロゴ名が型押しされていてうっすらと見えるぐらいの存在感。

裁縫品質は、角の部分が詰まり気味でズレが少し気になるかな?というレベルです。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

増刊号の方がお値段がやや高めなんですが、お得感は通常版の方が明らかに高いと感じました。

二つ折り財布は使いやすさ、機能性が重視されちゃうので、ちょっとこのレベルだと既製品には敵わないかな~。デザインはとてもオシャレなんですが。

ペンケースは意外にも使い勝手がありそうです。バッグに忍ばせるにはちょうど良いサイズ感で、オシャレな見た目も◎。

通常版の方が豪華な印象だったので、少し惜しい付録だな~と感じました。

購入した付録つき雑誌/ムック

リンネル 2019年11月号増刊

発売日:2019年9月20日(金)
表紙:高畑充希
宝島社

※セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

付録違いの2019年11月号通常版も同時発売です。

▼通常版のレビューはこちら

リンネル 2019年11月号《特別付録》nest Robe(ネストローブ)の手ざわりのよいスウェード風2wayトートバッグ【購入開封レビュー】