雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMax(モノマックス)2019年11月号《特別付録》アーバンリサーチのツールバッグ

2019年10月9日(水)発売のMonoMax(モノマックス)2019年11月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

アーバンリサーチのツールバッグはどんな付録?

便利なポケットをたくさん備えた万能ツールバッグ!

宝島チャンネルより

今月は付録違いの2019年11月号増刊も同時発売です。
※増刊はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

パッケージサイズはA4横相当。

中を開けるとバッグが4つ折りで入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・A4ノート見開き(A3ヨコ相当)

前面ポケット
左&中央:500mLペットボトル1本
右:B5ノート縦向き

背面ポケット・・・A5ノートヨコ向きorB5ノート縦向き

天蓋・・・A5ノート横向き

最大容量は1.5Lペットボトル8本分です。

<実測サイズ>
タテ28s×ヨコ52×底面14.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿、ポリエステル混紡+裏PVC貼り

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はキャンバス風の生地。少し凸凹を感じる、ざらっとした質感です。裏PVC貼りで見た目以上に厚みとコシがあり、バッグは支えなしで立ちます。

バッグ表面にロゴの印刷や刺繍はなく、バッグ側面にロゴ入りの織りリボンが付いているのみという控えめな仕様でした。

裏は生地はなく、つるつるのPVC貼りがむき出し。バッグの中に顔を近づけると、PVC特有の刺激臭がありました。

付録の品質はどう?

変形や糸の飛び出しなどの乱れのない、きれいな仕上がり。既製品並みの品質です。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩に掛けると、バストトップに開口がくる長さ。幅は4cmとかなり太めで、肩にかけたときに安定感がある反面、手持ちすると幅がありすぎて握りにくさがありました。生地にコシがあり、重い荷物を入れてもへたりにくいのが良かったです。

・開口、各ポケット
バッグ自体が大きくマチもあるため、メインの開口はかさばる荷物も出し入れが楽々。バッグ前後の各ポケットにはそれぞれマチが付いているので、手が入れやすく底のものも取り出しやすいです。

天蓋のファスナーはなめらかで、ストレスなく開閉可能。スナップボタンもちょうど良い硬さで、負担なく使えます。天蓋はバッグ内に垂らすと、内ポケット風に使用できるのも便利でした。

・耐荷重
生地も持ち手も丈夫で突っ張りが出にくく、10kgまで耐えられると判断。バッグは重たい荷物も安定して持てる頑丈さがある反面、自分の腕力のほうが耐えられるか不安な状況でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大容量なのに強度が・・・という付録バッグも少なくない中で、このバッグは重いものも安心して入れられる丈夫さが◎!ポケットも豊富で、仕分けがしやすいのも嬉しいです。

ロゴの印刷や刺繍のない白一色のすっきりとしたデザインは、どんなものを入れても、どんなファッションにもなじみそう。個人的には頑丈さが生かされる、2Lペットボトルをたくさん持ち運ぶような場面(買い物・レジャー)などで使いたいです。

以上、MonoMax(モノマックス)2019年11月号《特別付録》アーバンリサーチのツールバッグのご紹介でした。

MonoMax 2019年11月号

発売日:2019年10月9日(水)
価格:980円
宝島社