雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】美人百花 2019年11月号《特別付録》Chesty(チェスティ)のマルチトートバッグ

2019年10月12日(土)発売の美人百花 2019年11月号の付録を、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

Chesty(チェスティ)のマルチトートバッグはどんな付録?

 

たたむと便利なコンパクトサイズになる、Chestyの折りたためるマルチトートバッグです。

サイズ:縦45×横39㎝
たたんだ時:縦7㎝×横15㎝

【次号予告】美人百花 2019年11月号- 付録ライフより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

本体とポケットにそれぞれ下記のサイズが収納できました。

本体→B4サイズ縦

ポケット→B7サイズ横

【容量】

2リットルのペットボトル4本が入り、さらにフェイスタオルが1枚収容できました。

<実測サイズ>

本体:縦46cm×横39cm

持ち手:53cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル 塩化ビニール樹脂

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

素材は目地の細かいポリエステル。滑らかな触り心地で、上品な光沢があります。

レジ袋型のエコバッグに、ハリと厚みを少しプラスしたような生地です。一般的なバッグと考えると薄手の素材。

プリントは色鮮やかで発色がとてもキレイでした。

バッグ折りたたみ部分はレザー調の合皮生地。触るとデコボコしています。ロゴはゴールドの箔押しで高級感がありました。

バッグに気になるような臭いはなかったです。

付録の品質はどう?

ミシン目幅は4mm間隔で一定に縫われていました。既製品のバッグは3mmなので、既製品と比較するとやや粗めのミシン目幅です。

バッグ本体内の底部の縫い目のみパイピングが施されていません。生地の糸もほどけてきているので、耐久面に不安を感じました。よって全体的に付録らしい品質です。

付録を使ってみた感想は?

耐荷重

耐荷重は7㎏と書いてありましたが、4㎏の荷物をいれた時点で持ち手が伸びていました。

バッグ底部にパイピングが施されていないことや、持ち手にバツ印のような補強縫いがないことをふまえると、荷物は2~3㎏にとどめておいたほうが良さそうです。

持ち手の長さ

持ち手の長さは約53cm。身長155cmのわたしが肩掛けすると、バッグ開口部が肋骨の一番上らへんに、底部が太ももあたりの位置にきました。

手で持つとギリギリ床につかないぐらいです。

折りたたみのしやすさ

ピンクの折りたたみ部分のボタンは緩すぎない丁度良い固さ。

バッグ両端を真ん中に折り、くるくると丸めてボタンで留めるだけでコンパクトに収納できます。不器用な私でも慣れると、30秒もかからずに折りたたみができるようになりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

底もパイピングにしてくれたら、たくさん荷物を入れられるのに……!と思いつつも、とにかくカワイイので「アリ」!

使わないときはコンパクトに収納でき、折り畳むのも簡単で使いやすいです。ツヤとハリがあるからか折り畳みシワがあまり気にならず、高級感がある素材なのも素晴らしいと思いました。

自分でちょっと補強してから、サブバッグや買い物袋としてどんどん使います!

以上、美人百花 2019年11月号《特別付録》Chesty(チェスティ)のマルチトートバッグのご紹介でした♪

美人百花 2019年11月号

美人百花 2019年11月号
発売日:2019年10月12日(土)
角川春樹事務所