雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号増刊《特別付録》L.L.Bean(エルエルビーン)のキルティング巾着ポシェット

2019年10月28日(月)発売のotona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号増刊の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

L.L.Bean(エルエルビーン)のキルティング巾着ポシェットはどんな付録?

L.L.Beanのキルティング巾着ポシェットが特別付録です。

付録ライフより

セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

付録違いの2019年12月号通常版も同時発売です。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポシェットはA5ノートがタテ向きに入ります。

最大容量は500mLペットボトル4本分です。

<実測サイズ>
タテ22×ヨコ16×底面13cm
ショルダーストラップ・・・最短66cm 最長126cm

通常版のポシェットとほぼ変わらないサイズでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、ポリプロピレン

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表はかなり目の細かいポリエステルでしっとりなめらかな肌ざわり。綿入りのふわふわ生地の厚みと質感は、薄手のダウンジャケットに近いです。

ロゴは通常版と同じく7色使いの織りリボン。黒一色のポシェットにカラフルな織りリボンが映えます。

裏は目の細かいポリエステル。薄手で柔らかい質感です。バッグの中に顔を近づけても、特に気になる匂いはありませんでした。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は4mmとやや大きめなものの、まっすぐ直線で縫われていて目立つ変形はありません。ただ底面パイピングの合わせが少しずれて縫われていたり、糸の飛び出しがみられました。やや既製品に及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーストラップ、持ち手
身長161cmの私がななめ掛けする場合、97cmで開口が腰にきます。幅2cmのストラップと持ち手はしなやかで、身体の邪魔になることなく馴染み、持ち手も手へのあたりが優しいです。ストラップは滑りが良い生地で、ベルトを引くだけで長さ調整できるのが便利。

ストラップのカニカンはプラスチック製。バネの力は強すぎずちょうど良い硬さで、パチっと音がしてしっかり留まります。

・開口
通常版と同じく円形に大きく開けられる開口は、中が見やすく中身の取り出しも楽にできます。紐も滑りが良く動きもなめらか。中に手を入れたとき、ダウン調のふんわりとした生地に触れると温もりを感じる点が、通常盤との違いでした。

・耐荷重
通常盤と同様に、3kgを超えるとポシェットに突っ張りが出てくるため耐荷重は3kgまでです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

通常版とまた違ったテイストの季節感あるポシェットで良い!通常版はもこもこでカワイイ感じですが、こちらはダウン調のふわふわ感で季節感を漂わせながら、スポーティーでカッコよく仕上がっていると思います。

どちらもサイズ感やポシェットの作りが一緒なので、2つ揃えて使い分けても良さそう。どちらも魅力的で甲乙付け難いポシェットだと思います。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2019年12月号《特別付録》L.L.Bean(エルエルビーン)のキルティング巾着ポシェットのご紹介でした。

otona MUSE 2019年12月号増刊

発売日:2019年10月28日(月)
価格:1,080円
宝島社

セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売