雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】大人のおしゃれ手帖 2019年12月号《特別付録》タバサ エコファーショルダーバッグ

201911月7日(木)発売の○○(○○)大人のおしゃれ手帖 2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

タバサ エコファーショルダーバッグはどんな付録?

タバサ
2WAYで持てる
華やか!エコファー
ショルダーバッグ

大人のおしゃれ手帖│宝島社より

サイズ(約)
高さ25×幅(上部)34・(底部)24.5×マチ13cm
ストラップ長さ82cm[最長]

大人のおしゃれ手帖│宝島社より

ストラップを同じ長さに揃えれば肩掛けショルダーに、片方を引っ張って長さを変えれば斜めがけにできる2WAY仕様のショルダーバッグです。

取り外し可能なファーポンポンとロゴ型押しのプレート付きです。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

<バッグ本体>

バッグの口を絞る場合はB5サイズ横向きで収納可能。口を絞らずに使用するとA4サイズも横向きで入りました。

最大容量は500mLペットボトルが7本です。

<ポンポン&ロゴプレート>

ポンポンはA7サイズ横向きの高さとほぼ同じ大きさ。

<実測サイズ>

バッグ・・・縦 24.5cm×横(上部)32cm、横(底)25.5cm×マチ 14cm

ポンポン・・・直径5cm

ロゴプレート・・・縦 3cm×横 2.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PVC、合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ表地の手触りは毛並みに沿って触れると、かなりなめらかなポリエステル素材のエコファー(フェイクファー)。

ファーを逆立ててみると柔らかく、ふわふわとしています。

中にスポンジシートが挟み込まれていて、軽いクッション性がありますが生地自体はやや薄めで、くるくると丸めることができました。

内布はしっとりとしたキメが細かいポリエステルで、光沢あり。

ストラップと底部分はしっとりとした合皮生地でエンボス加工が施されています。底の合皮はあまり厚みはありませんが、ストラップは厚み2mmでしっかりとした丈夫さがある印象です。

付録の品質はどう?

バッグは内縫い仕様で、サイドのステッチは外側から見えません。縦にラインがあるのは分かりますが、ファーがぱっくり割れていたり、毛並みがズレていたりなどの不良はなくとてもキレイで既製品ファーバッグ並みの品質。

しかし、サイドの内側ステッチを確認すると、縫い目が強くて縫い糸が見えて「点々」となっていて、ここはチープ感が否めず。

底の合皮生地部分の縫い合わせはキレイに楕円形で、縫いツレによる歪みやヨレなどはありませんでした。

ストラップを通すハトメもしっかり打ち込まれていて、外れそうな様子はありません。

付録を使ってみた感想は?

<肩掛け>

巾着のような形で丸っこく、キュートな見た目になりますが何も入れてない状態でも、かなりモコモコッと丸まるので、脇が浮く感じになりました。財布などをいれると余計にモコモコに。

そして中身を取り出す際、肩にかけた状態でバッグをサッと広げることはできるのですが、戻すのはスムーズにいかず・・わざわざ肩からおろしてストラップの形を整えて絞るという感じ。

そのストラップの形を整えるのも少々手間がかかりました。持ち手部分のファーがキレイに揃わない(ずれちゃう)ことが多々あり、片方を引っ張りながら持ち手ファーを調整するのが面倒だという印象です。

▼絞るとこんな感じの形状に。そして持ち手ファーがずれる。

<斜め掛け>

ストラップの片方をギューッと引っ張って絞り、斜め掛けに。身長160cmの筆者は腰のあたりにバッグがきました。ストラップは調節ができません。

肩掛けに比べると割とスマートな状態でジャマな印象もなく、細めのストラップもファーのおかげで肩への負担が軽減されています。

しかし!中身を取り出すには絞られた口を開かねばなりませんが、斜め掛け状態だとなかなか開けない。

無理に開こうとすると、バッグが胸あたりまで上がってきました(笑)

バッグ底まで手先が届き、中を探ることはしやすいので少しの隙間から出せる物なら斜め掛けでもギリギリ出し入れはできるかな・・?長財布は成功しました。

<ハンドバッグで使ってみた>

バッグ口を絞るから使いにくいんだ・・・そう思い、逆にパカッと開いて使ってみることに。

もちろん持ち手が短くなるので、肩掛けも斜め掛けもできませんがハンドバッグ風に使用。

腕からぶら下げられるほどの余裕はあるので、これだったら出し入れしやすい!

でも中身が重くなると、自然に絞られていくので軽いものしか対応できないかも。

財布+スマホ+キーケースぐらいまではハンドバッグ風の形状はキープできました!+ペットボトル1本入れちゃうと徐々に下がっていき、巾着型になりました。

<ポンポン・ロゴプレート>

ポンポンの素材はバッグよりもゴワつきがある硬めのファーで、わしゃわしゃとこねくり回したりしても毛が抜けることはありませんでした。さすがに強めに毛を引っ張ると抜けちゃいました。

ロゴプレートは薄めですが、強い力を加えても曲がることもなく丈夫な合金素材。くすんだシルバーがカッコイイ印象です。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

使い勝手に関しては個人的に「なし」なんですが、エコファー素材と表側の裁縫品質がキレイだったのとロゴプレートのオシャレ感によって「う~ん・・・」になりました。

見た目も可愛いしバッグ口を絞らなければまだ使いやすいかな?必要最低限の物なら収納もOKなので。

機能性よりも「おしゃれさ」を重視したいときに使いたいバッグですね。

購入した付録つき雑誌/ムック

大人のおしゃれ手帖 2019年12月号

発売日:2019年11月7日(木)
宝島社

付録違いの2019年12月号増刊も同時発売です。