雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】InRed(インレッド)2019年12月号増刊《特別付録》ふわふわファーのヒョウ柄ポーチ2個

2019年11月7日(木)発売のInRed(インレッド)2019年12月号増刊の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売です

ふわふわファーのヒョウ柄ポーチ2個はどんな付録?

特別付録は
ふわふわファーの
ヒョウ柄ポーチ2個

次号予告|InRed(インレッド)│宝島社より

大ポーチ:高さ10×幅15×マチ7㎝
小ポーチ:高さ6×幅12

次号予告ページより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

大ポーチはB7サイズが横向きにちょうど収まるサイズ感で、最大容量はたたんだミニタオルが4枚入りました。

小ポーチはライター(縦 8cm)を最大3本入れることができました。

通常版の付録である「アダムエロペ スティックチーク」と「リップカラーバーム」がぴったり入る大きさ。

<実測サイズ>

大ポーチ・・・縦 11cm×横 15.5cm×6cm

小ポーチ・・・縦 5cm×横 11cm

付録素材を見た、触れた感じは?

大小、どちらも表地はふわふわな手触りのフェイクファー、毛は指先でギリギリつまめるほどの長さ。

ぐしゃぐしゃと毛を色々な方向に流れさせてみましたが、ヒョウ柄デザインは大きく崩れることなくキレイな見た目をキープしていました。

内布はしっとりとした手触りのポリエステル素材で、光沢があるキメ細かい生地です。

大ポーチには、かなり硬めの黒のパイピングコードがサイドからポーチ縁を沿うように縫われています。

ファーにより少々見えにくくなっていました。

付録の品質はどう?

表地は縫い目も見えず、キレイにファーだけがふわふわとしていてキレイ。

しかし袋から出した瞬間に、ガリッとした何かに当たりました。

よく見ると、パイピングコード部分のサイドに謎の硬いものが。パイピングの端でもなく、不自然に片方だけコードをくるむ様な状態でついていました。

これがかなり硬くて、違和感があり気になる箇所です。

 

内布のパイピング、ファスナーの縫い目は一定に揃って縫われていて、特に問題なし。

小ポーチはくるっと裏返して縫い目を確認しましたが、こちらも縫いツレによるズレなどもなく、とてもキレイでした。

付録を使ってみた感想は?

ふわふわのファーを強めに引っ張ってみましたが、毛が抜けることもなく丈夫でした。

ファスナーは毛を噛み込むのではないかと心配しましたが、高速で10回以上開け閉めしても大丈夫!

しかもファスナーがなめらかでスムーズに動いてくれます。

ただ、小ポーチの方は同じく気持ちが良い開閉ができるのですが、端までキレイに閉まらないのがちょっと気になりました。

大ポーチの硬いパイピングは中に何も入れなくても自立するぐらい、ポーチの支えのような役割を果たしていて、片手でポーチの中を探っても倒れずとても便利。開口部も大きく開き、中もよく見えます。

フルメイク用コスメ+小ポーチを中にいれてみましたが、かなり余裕がありました。

その他に、裁縫セットを入れてみたりポケットティッシュやミニタオルなどのお出かけ時にまとめたい小物類を入れてみたりと試しましたが、どれも出し入れしやすくて使いやすかったです。

意外にも汎用性のあるポーチだと思いました。

▼見た目のサイズも大きすぎず、小さすぎずちょうど良い感じ!小ポーチは可愛すぎるサイズ感

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ヒョウ柄ってチープ感が否めないなど、意外と当たりはずれが多い気がするんですがこちらの付録は当たりでした。

派手かな~と思いましたが実物は落ち着いたブラウンカラーで、ヒョウ柄のデザインも仰々しくなくて、大人っぽい。

謎の硬い部分、たまたま不良品に当たったのか?裁縫する上で仕方ない部分なのか気になりますが、ヒョウ柄が可愛いので目を瞑れました(笑)

小ポーチは印鑑ケースとしても使えそうですね!

寒くなるこれから、愛用しちゃうこと間違いなしです。

レビューした付録つき雑誌/ムック

InRed 2019年12月号増刊

発売日:2019年11月7日(木)
宝島社

セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売!

付録違いの2019年12月号通常版、特別号も同時発売です。