雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2020年1月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)の開運ミニ財布

2019年11月28日(木)発売のotona MUSE(オトナミューズ)2020年1月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)の開運ミニ財布はどんな付録?

フォーチュンアドバイザー イヴルルド遙華さんが監修した開運財布!!お金を呼び込む馬蹄チャームもセット!

宝島チャンネルより

サイズ(約)
H7×W10×D2.8cm

宝島チャンネルより

付録違いの2020年1月号増刊も同時発売です。
※増刊はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

届いた箱のサイズはA5サイズ。

開封すると半透明の袋に入った財布とチャームが、テープ留めされた状態で入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

札入れ・・・ 千円札を入れて、両端に2cmずつ余裕のあるサイズ感

カード入れ・・・ポケット1箇所あたり、交通系ICカードのような厚手のカードは1〜2枚、QUOカードのような薄手のカードは3〜4枚入ります

小銭入れ・・・500円玉20枚入れて、ぎりぎりボタンが留まるサイズ感

パンパンな見た目になるものの、ちゃんとボタンは留まっています。

チャーム・・・交通系ICカードタテ向きとほぼ同じサイズ

<実測サイズ>
ミニ財布:タテ7.5×ヨコ10×厚み4cm
チャーム:長さ8×ヨコ4×厚み0.4cm、重さ30g

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>
ミニ財布:PVC合皮、ポリエステル
チャーム:亜鉛合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA


財布のみ:付録素材を見た、触れた感じは?

表は大きめのシボ(シワ加工)の入った合皮。なでるとシワの凹凸を感じます。光沢が強い色合いで、財布を遠目で見ると金の型押しのブランドロゴと差がないほど。シボの陰影も強く、シワがよく見えます。

中には板状の芯材入りで、コシとハリがあります。増刊の長財布のような、スポンジが入っているようなふわっと感はありません。

中面は薄手のポリエステル。柔らかく、つるっとなめらかな質感です。赤身の強いブラウンが金色の表地に映えます。中に顔を近づけると、少しPVC特有の刺激臭がありました。

財布のみ:付録の品質はどう?

縫い目の幅は4mmとやや大きめながら、直線で縫製され財布に変形、歪みはありません。一部に軽微な糸の飛び出しが見られるのみで、ほぼ既製品並みの仕上がりです。

付録を使ってみた感想は?

・ミニ財布
札入れ:芯材がなく生地が柔らかい札入れのポケットは、大きく広げられるのが便利。中が一望できて見やすく、取り出しも引っかかりなくスムーズにでき使いやすいです。

カード入れ:増刊の長財布に比べるとカード入れのサイズに余裕があり、出し入れがしやすいのが魅力。ただ厚手のカードを各ポケットに3枚ずつ入れると、財布を3つ折りにしたときにボタンが留まらなくなります。ポケット自体はカードを3枚入れられる余裕があるだけに、もったいなく感じました。

小銭入れ:コンパクトな割に収納力が高いのが嬉しい誤算。見た目が薄くて収納力に期待していなかったので、いい意味で期待を裏切られました。たくさん入っていてもマチのおかげで開口が大きく開き、小銭が取り出しやすかったです。

スナップボタン:3つ折りのボタン、小銭入れのボタンともに軽い力で開閉できます。少ない力で開け閉めできる一方、パンパンに小銭を入れても弾けることなくしっかり留まったのが好印象。使いやすいボタンだと感じました。

・チャーム
開運モチーフとして定番の馬蹄チャームは、手に取ると増刊の鍵チャームに比べてかなり重さがあるのがわかります。調べてみると鍵チャームの約2倍の重さでした。

長さはそこまで違わないものの、馬蹄チャームのほうが厚みがあり重厚感の強い仕上がり。馬蹄チャームにはLの刻印入りで、おそらく増刊の刻印「LUCK」の頭文字と思われます。

2重リングはかなり硬めで、初めはくっついているのでは⁈と疑うほど。(試行錯誤ののち、無事開けました)増刊の2重リングはあっさり開けるほど柔らかかっただけに、焦りました。リングの硬さは個体差が大きいようです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

定番の開運カラーとモチーフで、運気アップをかなえてくれそうなのが「アリ!」。これが付録で手に入るとはお得だと思います。

特に気になる使いにくさもないし、ミニ財布に罪はないのですが、普段から長財布を使っていることもあって個人的には増刊のほうが好み。ただ、セット使いもアリかも・・・と思えるほどこちらも魅力的なので、TPOに合わせて使い分けてみようかと思います。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2020年1月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)の開運ミニ財布のご紹介でした。

otona MUSE 2020年1月号

発売日:2019年11月28日(木)
価格:1,200円
宝島社