雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

げんき 2020年1月号《特別付録》ミッフィーのドアあそび【購入開封レビュー】

ミッフィーのドアあそびはどんな付録?

ドアをとんとん、とん。ここはだれのおうちかな?

講談社こども倶楽部より

つまみを動かしてドアをあけるたび、絵が変わるしかけ遊びです。

講談社こども倶楽部より

【準備】
ミシン目に沿ってカードを切り離します。
本体のドアはできあがっているものが入っていました。

切り離したカードを、1枚ずつドアの中にセットします。
セットをする際、私はカードをひとまとめにして一度に入れようとしたところ、うまく入りませんでした。
説明書通り、1枚ずつ順番に入れるとスムーズにできます。

私は間違えてしまったので約5分かかりましたが、間違えずにすすめると3分ほどで準備できそうです。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 Made in China
<素材表記> ドア:ABS カード:紙

サイズはどれくらい?

ミッフィーのドアはポケットティッシュとほぼ同じ大きさでした。

<実測サイズ>
タテ・・12cm ヨコ・・8.8cm 厚さ・・2.2cm(最大)

付録を使ってみた感想は?

さあ、ミッフィーちゃんのドアで遊んでみたいと思います!

準備万端!セットはOK!!

まずは、そのまま開いてみると・・ミッフィーちゃん登場。

ほかのおともだちと会うには、ドア上部にあるつまみをスライドするだけ。つまみは大きめなので、小さなお子さんでも自分でスライドできそうです。

次は真ん中に合わせると誰が出てくるかな?!と、ワクワクしながら遊べました。

今回、ひとりで遊んでいたので、小さい子と一緒に遊びたいです・・。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ミッフィーちゃんのドアあそびは、簡単に準備もできて、すぐに遊べるので「あり!」。
つまみをスライドしてドアを開けるだけで、ミッフィーちゃんに出てくる色々なキャラクターに会えるのは可愛いです。
小さなお子さんなら「なんで、絵が変わるんだろう?」「次はだれだろう?」と不思議に思うはず。「なんでだろうねー」とお話しながら、ぜひ遊んでほしいです。

購入した付録つき雑誌/ムック

げんき 2020年1月号

発売日:2019年11月29日(金)
価格:920円
講談社