雑誌の付録を開封レビューでご紹介

【購入レビュー】 MORE モア 12月号付録 ジルスチュアート三つ折り財布

購入した雑誌/ムック

<雑誌>MORE(モア)2018年11月号
<発売日>2018.9/28
<出版社>集英社
<価格>\840

<コラボブランド>ジルスチュアート

どんな付録?

シンプルな中にもフェミニンさを併せ持つレディースブランド、ジルスチュアートの三つ折り財布と、ドラマティックを演出してくれるコスメ、エレガンスクルーズの新作リップの試供品が付いています。


大きさは?



折りたたんだ状態
横…11.4㎝ 縦…8㎝ 厚み…2㎝

広げた状態
横…23.7㎝

折りたたんだ状態だと手のひらに乗る程度の大きさです。

素材は?使用成分は?

素材…PVC(ポリ塩化ビニル)

PVCの特徴は軽い、雨に強い、耐久性に優れているという点です。


厚み…財布としては薄い

三つ折りにたたんだ状態は、厚みはかなり薄めの部類に入ると思います。

購入した感想は…

PVC特有の臭いは多少ありますが、かなり鼻を近づけないと臭わない程度です。そこまで気にならないので、使っていくうちになくなっていくのではと思います。

縫製レベルは市販品程度ですが、角に当たる部分に素材が厚くなっているからかミシンの穴が大きくなってしまっている個所が数か所ありました。ただし内側の部分で見えないので、こちらは許容範囲かと思います。
また、折れ曲がる部分は立体的になっているためか生地の多少のズレがあり、ミシン目が生地ぎりぎりのところが1か所ありました。

大きさは、折りたたんだ状態だと手のひらに乗るサイズなので小さなバッグにも入りそうです。
小銭入れのボタン部分がカード入れに当たって軽い凹みがありましたが、こちらも許容範囲です。

お札入れは余裕のある広さで、出し入れが楽そうです。

素材特有の柔らかさで手にもなじみやすいと感じました。

バイカラーになっていて内側がビビットなピンクに対して外側は落ち着いたベージュよりのピンクになっています。肌になじみやすい色で、ピンクといっても子どもっぽくならずモアらしいキレイ目カジュアルだと思います。ロゴがゴールドの箔押しになっているので落ち着いた印象もあります。横から見るとバイカラーがはっきりわかって可愛いです。


小銭入れは小さいですが、立体的になっているので使いやすそうです。カード入れが3つしかないのはやや少ないと感じました。サイズが小さめなのでメインの財布としてよりはサブとして持つのがよさそうだと思いました。メインで持つならカード入れを別に用意した方がいいかと思いました。

折りたたんだ状態だと厚さは2㎝と薄いので、クラッチバッグでも入るサイズ感です。薄めなのでパーティーバックなどにも入るコンパクトサイズです。
小さいので荷物の多い旅行のサブの財布として使用するのも◎です。
シンプルなベージュのキャンバスバッグに入れて普段使いにするのもよさそうです。
黒のバッグに忍ばせてもパきっとした色遣いで締まります。

ジルスチュアートの財布の金額は、ミニ財布でも6,000円近くします。今回のモアは840円でした。金額だけで考えると840円の雑誌に財布が付いてくるというのはかなりお得だと思います。ジルスチュアートの財布の素材は牛革を使っているものが多いので、素材感は差が出ます。
モアは2017年にもジルスチュアートのミニ財布が付録になっています。その時は本当にサブという感じでしたが、今回のものはメインでも使えるクオリティです。

こちらは貼り込付録のリップ

2色どちらの色もフローラル系の香りがあります。どちらかというとピンクの方が、匂いが少ないように感じました。

新色のPK05(ハッピーピンク)とRD02(トゥルーレッド)を試せます。試供品レベルの量で1回2回試せるかという感じです。
実際に販売されているものと同じなので、色見や使い心地を試せます。通常買うと1本2,500円するリップを2色試せるのはお得です。


PK05は少し透け感のあるピンクです。あまり目立たないかと思ったが実際塗ってみるとしっかりと色が付きました。フローラルの香りが付いていて、まさに愛されピンクといった感じです。
レッドは控えめな小さなラメが入っていて大人っぽさを出せそう



お得度メーター

主役級の財布という点では満点レベルですが、カード入れが少ないというところで-1点です!



付録フォトギャラリー





次号予告

モア12月号の付録は、人気占い師しいたけ.さん監修のスタージュエリー開運ポーチ3点セットです。