雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】InRed(インレッド)2020年1月号《特別付録》ムーミンの10ポケットのマルチケース

2019年12月7日(土)発売の○InRed(インレッド)2020年1月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※今回は「ムーミンの10ポケットマルチケース」のみのレビューとなります。発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

発売本誌には二大付録として「キャス キッドソンの2020年カレンダー」も付属しています。

ムーミンの10ポケットのマルチケースはどんな付録?

取り外せるリトルミイのポーチ付き
10ポケットの
マルチケース

次号予告|InRed(インレッド)│宝島社より

サイズ(約)
[ケース]縦15×横21.5×マチ3cm
[ポーチ]縦11×横19cm

次号予告|InRed(インレッド)│宝島社より

ケース内側に7個、背面に2個、ミィのポーチを含めて計10個のポケット!

A7・B7・A6・B6までのサイズをそれぞれ収納できます。

小さめポケットたちは下記の「付録を使ってみた感想は?」をご参照ください。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

マルチケース本体はファスナーを閉めた状態だとA5サイズ横向きほどの大きさ。

広げるとA4サイズほどの大きさでした。

取り外しができるミィのポーチはA6サイズよりやや幅が少し大きめ。

<実測サイズ>

マルチケース・・・縦 17cm×横 23cm×マチ 2.5cm

ミィのポーチ・・・縦 11.5cm×横 19cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル、PP、POM、合金

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

マルチケースの表地は、サラサラとした手触りのポリエステル素材で、目が細かい生地。ムーミンデザインはプリントです。

内布はしっとりとしている薄手の生地で、前面と背面にはスポンジシートが挟み込まれているので、ふんわりとした弾力と厚みがありました。

ミィのポーチも表地はマルチケースと同じ感触と素材で、裏側は粗めのメッシュ生地。伸縮性はなく、ゴワッとした硬さがあるメッシュです。

ポーチの内側はPVC加工が施されていて、ハリとコシがありました。生地自体の厚みは薄手です。PVC独特な匂いなどは感じませんでした。

付録の品質はどう?

マルチケース全体のミシン目は3mm幅で、ファスナー周りやポケット縫い目などまっすぐ一定に裁縫されています。

背面のラウンドカーブ部分は縫いツレによる、生地のシワや詰まった部分があり、キレイな曲線ではありませんでした。

ミィのポーチは特に裁縫不良や目立った歪みや形もなく、裁縫品質は普通でした。

付録を使ってみた感想は?

<ファスナー>

マルチケースの開口ファスナーですが、画像のラウンドカーブ部分でどうしても引っかかってしまい、モタつきます。何度か往復させたら、クセづいたのか何度かスムーズにいくことができましたが、多少の引っかかりが。

内布かパイピングを噛んでいるのかな?と思って確認してみましたが、噛み込んでいる様子はありませんでした。なぜだろう・・・

ケース内側のファスナーやミィのポーチのファスナーは、問題なし!とてもスムーズに開閉することができました。

<ケース使用感>

ゴムバンドが2つあり、大きめのバンドにスマホを挟んでみたところ、スルッと下にずり落ちちゃいました。画像は旧Xperiaなので幅が狭いのですが、それよりも大きなXperiaでも、キレイに固定はされずにずり落ちます。

バンドはかなり、ゆるゆる設計なので充電コードなどの軽くてかさばる物を簡易的に挟む程度の機能性。

厚みがあっても、重いものは下がっていってしまいます。

本誌予告ページでの使い道を確認したら、ゴムにキーリングをつけて鍵をぶら下げていたので「なるほど」と思いました。

バンドに挟んで使用よりも、何かをぶら下げる・引っ掛ける用に使うといいかもしれません。

ポケット類ですが、右側2ポケットはカードがちょうど収まるサイズ感で、保険証やICカードのような厚みがあるカードが最大5枚収納することができました。

左側は微妙なサイズなのですが、使い捨てライターが1本入る感じです。コスメケースで使うならリップやスティックコンシーラーあたりが収納できるかな?

<持ち手>

持ち手は途中まで存在に気付かないほど、ケースと一体化しておりました。グイッと持ち上げても伸びず、指が4本入るほど狭め。持ちやすくはありませんでした。

<ミィの取り外しできるポーチ>

スナップボタンで着脱可能なミィのポーチは、スナップもゆるくなくてパチンッとしっかり留まります。ベロンと左右に動きますが、縦がズレてケースからはみ出したり、ファスナーのジャマをしたりなどはありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

機能性はよくあるマルチケースよりも、やや劣る印象でした。バンドのゆるさが少しもったいない感じですが、ぶら下げる・引っ掛けるという新たな使い道を発見したのでまぁ良し。

ポケット10個もあるのか!?と思うほど、ごちゃつき感がなくてシンプルだったのが良かったです。

ムーミンのデザインが素敵なのはもちろん、ミィの取り外しできるポーチも色んな表情のミィがデザインされていて、すごくキュート!かなり気に入りました。

ちなみに家計仕分けケースとしてお金を入れるポーチに使ってみたいと思います。

レビューした付録つき雑誌/ムック

InRed 2020年1月号

発売日:2019年12月7日(土)
宝島社

付録違いの2020年1月号増刊も同時発売です。