雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

GINGER(ジンジャー)2020年2月号《特別付録》ジョンマスターオーガニックネオプレンポーチ【購入開封レビュー】

ジョンマスターオーガニックのネオプレンポーチはどんな付録?

美髪サポートアイテムが充実のジョンマスターオーガニックとコラボレーションした“ネオプレンポーチ”。この触り心地のいい素材のポーチは、店頭では購入できないレアアイテム。

GINGER公式サイトより

軽くて丈夫、洗えて、コンパクトなのに収納力抜群・・・とひと足早く手に入れたモデルたちの間でも大評判。シンプルで上品、そして高見えする大理石柄は、バッグから出して思わず自慢したくなるルックスです。

GINGER公式サイトより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B6サイズのカードケースがすっぽり入りました。

最大容量:フェイスタオル(32×78cm)4枚

<実測サイズ>
タテ16cm ヨコ21cm マチ2.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> クロロプレンゴム
<製造国> 中国 MADE IN  CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポーチの手触りはさらりとしています。手の平でポーチを全体的につかむとゴムのような弾力が感じられました。タテヨコに引っ張ってみると、伸縮もあります。

 

ポーチ内側も表側と同じような触り心地で、弾力と伸びもありました。サイドの縫い端は、パイピング処理が施されています。

付録の品質はどう?

ポーチの縫い目は揃っていてまっすぐ縫われていますが、市販品のポーチより縫い目が粗く、付録だなという印象です。

ファスナーが最後まで止まらない点と、表に縫っている糸が見えている点が気になりました。

ファスナーどまりの始末が綺麗ではないため、表に糸が出てきてしまっているようです。

付録を使ってみた感想は?

【開口部】
ファスナーは連続で開け閉めしても引っかかることなくスムーズな動きです。
しっかり開いて中身はよく見えますが、素材が黒なので中が暗いです。

【耐水性】
ポーチの素材はダイビング用のウェットスーツに使われているものということで、耐水性が気になり水をかけてみました。
結果、水は弾かれポーチの内側へは浸透しませんでした。また、タオルで拭くだけで水滴はなくなり、約10分後には湿った感はなく乾いています。

【匂い】
今回一番気になった点が匂いです。表面は、鼻を近づけるとゴムのようなタイヤのような独特の匂いがします。ポーチの内側は、表面以上に匂いがきつく感じられます。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

実はかなりこの判定には悩んで悩んで・・のあげくの「あり!」。
良かった点は、この素材。手触りもよく、伸縮性もあるので、ヘアケアアイテムはもちろん、化粧ポーチとしても持ち歩けるます。また大人な雰囲気が漂う大理石柄もお気に入り。この柄のシリーズで揃えたくなりました。
気になった点は匂い!これまた、すごい匂いがするのが悩みどころ。しばらく、放置して匂いが消えたら、使えるかなと思い「あり!」にしました。早く匂いが消えますように・・・。

購入した付録つき雑誌/ムック

GINGER 2020年2月号

発売日:2019年12月23日(月)
幻冬舎