雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

美人百花 2020年2月号《特別付録》OLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のシェル型ポーチ【購入開封レビュー】

OLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のシェル型ポーチはどんな付録?

第1弾が大好評♪「もうひとつ欲しい♡」の声にお応えして再登場!
開運アニマルのウサギとキャッチーな虹のイラストのシェル型ポーチです(本誌表紙より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

メインポケット・・・パスポート横向き

ファスナー付きポケット・・・交通系ICカードよりふた回り大きいサイズ感。ポケットティッシュが入る幅はあるものの、ファスナーは閉まらないサイズです。

内ポケット・・・2箇所とも交通系ICカード縦向き

最大容量はポケットティッシュ5個分です。

<実測サイズ>
タテ10×ヨコ18×底面6cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 塩化ビニル樹脂、ポリエステル

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表地・裏地ともに、第1弾と同じでした。

表は格子状のシワ加工入りの合皮。光沢はなく、少し凹凸感のあるザラッとした質感です。ハリのある生地なので自立します。ロゴは金色の型押しです。

裏は薄手のポリエステルで、柔らかくつるっとした触り心地。落ち着いた光沢があり上品な印象です。ポーチの中に顔を近づけると、少しPVC特有の刺激臭がありました。

付録ライフより

・表地

・裏地

付録の品質はどう?

縫い目の幅は3〜4mmとやや大きめで、中のポケット部分に糸の飛び出しや絡まりが見られます。

開口部のラウンドカーブにもやや変形が見られ、既製品に及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・開口部
ポーチの高さ半分を占める半月状の開口は、広げると大きく開き中が一望できます。手がすっぽり入るので中身の取り出しも楽にできました。

・ファスナー
メインポケットのファスナーは、ラウンドカーブの変形部分で少し引っかかりはあるものの許容範囲内の動き。引き手に少し厚みがあって持ちやすいです。

内側のファスナー付きポケットは、開ける際はスムーズに開くものの、閉める際に動きが鈍ることがあります。裏地が柔らかく引っ張られやすいことも影響しているかもしれません。動きが鈍ったときに、ガリガリと音がするのも少し気になりました。

・各ポケット
裏地がつるっとした質感で滑りが良く、ファスナー付きポケット・内ポケットともに中身の出し入れがしやすかったです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

前回のポーチと同じく、サフィアーノレザー調のしっかりした生地感が付録っぽくない仕上がりで◎!ファスナーを開けると目に入る、パステルグリーンの裏地も春らしくて良いです。今回はやや縫製の乱れはあったものの、見た目の考えれば許せます。

個人的にひとつ気になったのはポーチの柄。ウサギ&虹のデザインも可愛らしくて良いのですが、前回の花柄のほうが生地感にもマッチして、より高級感が出ていた気が・・・。ポーチの使用感には影響ないとはいえ、少しもったいなく感じました。

購入した付録つき雑誌/ムック

美人百花 2020年2月号

発売日:2020年1月11日(土)
価格:840円
角川春樹事務所