雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】 サライ2020年4月号≪別冊付録≫大人の逸品カタログ

「大人の逸品カタログ」はどんな付録?

先月号での予告と異なる付録でしたので、ご購入の際にはご注意ください。

 

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

新型コロナウイルス感染症の影響により、中国で生産している付録の出荷が遅延しております。そのため、前号等で予告しておりました『サライ』4月号〈3月9日(月)発売予定〉の付録「帆布肩掛けバッグ」がお届けできない状況になりました。

4月号は予定通り発売いたしますが、付録は別冊「大人の逸品 春号」のみとなります。読者の皆様にはご迷惑をおかけすることになり、申しわけございません。

なお「帆布肩掛けバッグ」につきましては、日本への着荷を待ちまして、可能な号で付録としてお届けする予定です。

ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

2020年2月25日

サライ編集部

サライ公式サイトより

 

「心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

磨き抜かれた技と美意識made in ニッポン
日本の伝統美をまとう

東京藝術大学発の美術作品

(本誌表紙より)」

 

小学館らしく、ドラえもんを前面に出してきます。巻頭ページから3点ほどドラえもん50周年記念グッズの紹介です。

 

「大人の逸品カタログ」の感想は?

 

たっぷりの147ページとボリューム満点のカタログの中には、まさに大人の逸品がもりだくさんの1冊です。

ドラえもん50周年の記念グッズを果たして「大人」の皆様が欲しているかは疑問ですが、大人でも十分使用するに値するクオリティーと価格の品物であるということは言えるでしょう。

特集の「東京藝術大学発の美術作品」は、藝大構内にあるギャラリーショップ・藝大アートプラザで扱っている藝大卒業生の作品グッズの中から、日常生活に取り入れやすいグッズをセレクトして掲載しています。
なかなか、普段購入する機会がなさそうな逸品ぞろいで、眺めているだけでもアート鑑賞をしている気持ちになるような、興味深い作品ぞろいです。

全体的に男性向けのグッズが多いような印象です。なかには、「こんなの買う人いるの?」と、超現実的女性目線では理解不能な「十手」「チタンつまようじ」「ニンジャトレーナー」などが紹介されています。
しかしながら、動物モチーフの「アニマルスツール」に「欲しい!!」と目を奪われてしまったので、こだわりの男性について何も言えませんね・・・

ほかには定番の、靴・カメラ・時計・カバン・財布などのこだわりのグッズが並びます。

筆者がいいな、と感じたのは防災グッズです。男性目線でセレクトした頑強な防災グッズは、一家に一つあると頼もしくて安心できそうと感じました。

 

この付録、アリ?ナシ?

 

 

うーん・・・

今回は、事情が事情だけに、仕方のないことではありますが、この「大人の逸品カタログ」だけになってしまったことは残念です。
かなりボリュームがあり、一冊のカタログとしても楽しめるものではありますが、やはりグッズの付録がないというのはさみしいものです。

サライの通販「らくだ屋通信販売部」

ちなみに、↑↑にて、電子カタログもありますので、スマホやPCからでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

購入した付録つき雑誌/サライ2020年4月号

誌名 サライ2020年4月号
出版社 小学館
価格 780円