雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】リンネル 2020年5月号《特別付録》LISA LARSON(リサラーソン)マイキーのハウス形 収納BOX

リンネル 2020年5月号(2020年3月27日発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

LISA LARSON(リサラーソン)マイキーのハウス形 収納BOXはどんな付録?

リサ・ラーソンの人気者、マイキーのナイロン製ハウス形 収納BOX。収納力のある大きめサイズで、ボックスの内側と外側にはポケット付き。

FASHION BOX | 宝島社より

・内側に2つ、外側に2つのポケット付き
・屋根のフタが大きく開くので、出し入れしやすい

【サイズ(約)】
H21×W24×D17.5cm[最大]

FASHION BOX | 宝島社より

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> 塩化ビニル樹脂、ポリエステル、紙

サイズはどれくらい?

500mlのペットボトルがタテても寝かせても入ります。BOXの内側にあるポケット2つには、スマートフォン(7×14.5cm)やボールペン(14cm)がすっぽりと入りました。
BOX外側のポケットには、交通系ICカードがヨコ向きに入ります。

<実測サイズ>
【本体】高さ・・・最小15 最大22cm ヨコ幅・・・24.5cm 奥行き・・・17.5cm
【内ポケット】左右共通 タテ7×ヨコ9cm マチ(左)2cm(右)1cm
【外ポケット】左右共通 タテ9.5×ヨコ11.5×マチ1cm

付録を使ってみた感想は?

付録が入っていた箱から出すと3つのパーツが出てきました。それぞれ組み立ててみます。

本体となるBOX部分を立てて広げます。とっても簡単です。

広げたところ。フタとなる屋根部分にはマジックテープが付いています。

広げたBOX部分のヨコが長いマジックテープ部と、フタにあるヨコ長のマジックテープ部分を貼り合わせました。

ぴたっとくっつきます。マジックテープなので何度でも貼り直しができるので、多少歪んでも大丈夫です。

底部となる芯が入っている1枚の板状のパーツをBOXの底に入れます。

これで完成!!大人の手で3分かかりませんでした。

フタとなる屋根の前部には、短いマジックテープがついているので、マジックテープ同士を合わせて閉めることができます。

できあがりです。タテ、ヨコ、屋根、底、どこも厚みのある段ボールのような硬さがある芯が入っているので、型崩れはありません。
BOXの触り心地はサラリとしています。フタを開けて鼻を近づけると内側にビニールのような匂いを感じますが、微かに感じる程度でそこまで気にはなりませんでした。

奥行きがあり、しっかりと自立しています。横から見てもおうちの形をしていました。
持ち歩けるような作りではないので、屋根を持って動かすことはNG。マジックテープなので重いものなら外れてしまうのでおすすめはできません。場所を移動するのであれば、おうち本体を持って動かすと良いです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

おうち形の収納BOXという予告を見て、どれぐらいの強度?モノをいれても大丈夫?何をいれたらいいかな?と、ワクワクと期待していましたが、組み立てた本体は期待以上のモノでした!
芯が入っているので、組み立てるとしっかりと自立。可愛いおうちの姿や大きさも結構大きいという点でテンション上がります。

これは本誌にあったように、靴下や下着などを入れてフタをしめておくのもいいし、自分専用のお菓子を入れて、隠しBOXにするのもいいな・・。思った以上に収納力抜群の収納BOX、おすすめです。

以上、リンネル 2020年5月号《特別付録》LISA LARSON(リサラーソン)マイキーのハウス形 収納BOXのご紹介でした。

紹介した付録つき雑誌/ムック

リンネル 2020年5月号
発売日:2020年3月27日(金)
出版社:宝島社
価格:1,200円

公式サイト:宝島チャンネル(別サイトへ移動します)

付録違いのリンネル2020年5月号特別号も同時販売 フラゲレビューはこちら>>