雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】DAILY BUCKET BAG BOOK produced by プチプラのあや

巾着型ショルダーバッグはどんな付録?

幅広いコーデに合わせやすい、ブラックカラーの巾着型バッグができました。
これまでたくさんのバッグを使ってきた“プチプラのあや”さん監修だからできた、
見た目だけでなく細部の機能性にもこだわったスペシャルバッグです。

宝島チャンネルより

SIZE(約):H25×W22.5×D14cm
ショルダーストラップの長さ 130cm [最長]

宝島チャンネルより

DAILY BUCKET BAG BOOK produced by プチプラのあや

発売日:2020年3月31日(火)
出版社:宝島社
価格:本体1,980円+税

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

A5サイズがヨコ向きに入りました。

【容量】

500mlのペットボトルが4本収納でき、巾着も閉まりました。

<実測サイズ>

※巾着を開いた状態での実測サイズ

縦24cm×横31.5cm×マチ12cm

ストラップ 最長130cm※調節可能

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC ポリエステル

<生産国>MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

すべすべとした触り心地の合皮素材。柔らかく、ツメで軽くひっかくと跡がつきました。

裏地はテロっとしたポリエステル生地です。厚みがありふっくらとした巾着バッグでした。

 

開封時より強いニオイがありました。油性ペンのような刺激臭がします。離れてしていてもニオイがわかるレベル。陰干しをして、ニオイがなくなるのを待ちたいと思います。

付録の品質はどう?

縫い目は約4mmで揃っていました。中身パイピング部分を見ると縫い目がぐちゃっとしています。パイピング端ギリギリに縫い目があるのが少し気になりました。付録らしさのある品質でした。

付録を使ってみた感想は?

巾着の開口のしやすさ

生地が厚いこともあり、巾着の開口部は固め。きっちり締めるには結構力が必要で、筋力低下がしている私が閉めようとすると、巾着を持つ手がプルプル手が震えてしまいました。いい筋トレになりそうです。

バッグサイドにファスナーがあるので荷物の出し入れはファスナーから行えます。巾着を閉めた状態で長財布も出し入れできました◎

ストラップ

ストラップは紐を結めば調節することができます。身長155cmの筆者が、ストラップを最長にした状態でななめがけをするとバッグ開口部が太もも、底部が膝上あたりの位置にきました。長さがあるため、長身の方も使いやすそうです。

耐荷重

バッグ本体は厚地なものの、ストラップが細く、接合部の縫い目が粗いため、2㎏の荷物を入れと「ミシミシッ」と音がしました。ななめがけをしたストラップも肩に食い込むような気がしました。

荷物を1㎏に減らしたところ、食い込みも気にならず、バッグへの負担も感じなくなりました。

そもそもバッグの容量的に重い荷物を入れることはなさそうですが、荷物は1㎏前後ぐらいにとどめておいたほうが良さそうです。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

今流行りの巾着バッグを付録で使えるのが嬉しい!そして、巾着バッグの大きな難点の“荷物の出し入れのしにくさ”が、サイドファスナーによって解決されていたのがすごいなぁと思ったのですが、ニオイが気になります……。現時点では「うーん・・・」といった感じです。

ニオイさえ取れれば「あり!」

しばらく陰干しをして様子をみたいと思います。

ストラップが細身がかつ、接合部の縫製に不安を感じるので物を入れすぎず、丁寧に使います!春服に合わせるのが楽しみ♪

購入した付録つき雑誌/ムック

DAILY BUCKET BAG BOOK produced by プチプラのあや


発売日:2020年3月31日(火)
出版社:宝島社
価格:本体1,980円+税