雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】nano・universe 軽量BIGトートBOOK

nano・universe 軽量BIGトートバッグはどんな付録?

 

様々なシーンで大活躍!

ユニセックスで使える!

今流行の柔らかいウェットスーツの素材を使用したトートバッグ。

とても軽いのに大容量。普段使いはもちろん、アウトドアやランドリーバッグ、

ジムバッグとしてなど、様々なシーンで使えます。

宝島CHANELより

 

SIZE(約):W35(最大50)×H28×D13cm
容量 約15L
耐荷重 約8Kg

宝島CHANELより

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

目一杯はいりそうな容量は2ℓペットボトル4本分です。サイドポケットは、500mℓのペットボトル1本がジャストサイズです。

 

<実測サイズ>

タテ29cm ヨコ35cm(最大51.5cm) マチ15.5cm ポケット15×18cm

ショルダーストラップ・・・全長72cm

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記>  ポリエステル EVA 鉄

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

素材はウエットスーツなどにも使われるポリエステル素材。ふかふかとした厚みがあり、しっかりした素材です。細かなパンチングがされていて、なかなかデザインが凝っていると感じました。裏は鮮やかな水色で、さりげなくアウトドアっぽさをかもしだしています。

持ち手がアウトドアでよく使われていそうなデザインのロープだったり、ハトメが使われていたりと、どことなくビーチリゾートを感じさせるエスプリがきいていながらも、100%アウトドアにならないバランス具合が上手だな、と思いました。

 

 

 

広がり防止のズナップボタンや、サイドにもスナップボタンがあるので、荷物の量に合わせて形状変更ができます。

 

付録の品質はどう?

ミシン目の縫い間隔はは3㎜で、特に粗いと感じることはありませんでした。ほつれなどもなく、きれいです。

パイピングも丁寧にされています。

 

付録を使ってみた感想は?

 

全部でペットボトル4本分8ℓの水を入れて持ち上げてみて、耐荷重8㎏ぎりぎりを攻めてみました。

持ち上がることは持ち上がるのですが、なんというか、持ち手のひもが、もうのびのびに伸びてしまって、現実的ではない使い方だな、と感じました。

持ち手に使用されている紐は、ものすごく伸びるわけではないのですが、もともとの紐の長さが、身長160㎝の筆者にとっては長すぎるようです。

空の状態でも、肩にかけるとカバンの底の部分が膝の10㎝くらい上の場所まで来てしまいます。

長さが調節できたらいいなと思ってみましたが、底を見てみると、しっかりと縫いつけてあるために、調節は不可能だと判明しました。

 

 

この付録、アリ?ナシ?

 

 

うーん・・・

デザインは、とても好みで「あり!◎」です。
縫製や作りも、とてもしっかりと丁寧にされていて「あり!◎」です。

ただ、、ひもが、長すぎるんです・・・。

ひもがもっと短くて、肩掛けバッグにも、トートバッグにも使える仕様だったら、文句なしの「あり!◎」なのです。

でも、ひもが長すぎるのが、もう致命的で、筆者が使うことはできないのだな、ということを確信させられしてしまい、悔しさが募ります。

「nano・universe 軽量BIGトートバッグ」のデザインや作りやクオリティーが素晴らしいだけに、悲しみが倍増です。

これは個体差かもしれませんし、男性が使用したらまた違った使用感になるかもしれないので、この判定は、あくまで筆者が使用した場合のみの感想になります。

 

 

 

 

購入した付録つきムック/nano・universe 軽量BIGトートBOOK

誌名 nano・universe 軽量BIGトートBOOK
出版社 宝島社

2,728 円(税込)

2020年4月11日(土)発売

宝島CHANNNELより