雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】ちゃお 2020年6月号《特別付録》おそうじロボUSA-8&お金もちおもしろメモ

おそうじロボUSA-8&お金もちおもしろメモはどんな付録?

机の上を、自動走行でラクラクおそうじ!!
カワイイ&超本格的吸引力ブイブイ吸いこんじゃうよ♪
はしっこや障害物を感知して方向転換!ゴミ捨てもかんたーん☆

サイズ直径11cm×高さ2cm(耳上までの高さ10cm)

ちゃお公式サイトより

ちゃお お金もちおもしろメモ
本物ちっくデザインのおもしろメモがいっぱい♪ あの!前澤社長の100万円札メモやゴールドカードメモなど、お財布に入れておくだけで金運爆上げ!?

ちゃお公式サイトより

【準備】
付録は組み立てが必要です。うさぱんだを合わせて、そうじロボット本体に付けます。

まずは、うさぱんだから。裏に凹凸があるので合わせて立体的に組み立てます。組み立てたうさぱんだは、本体にはめこむとヨコ向きになりました。

うさぱんだをくるっと90度回転させて正面に向けてできあがり。回転させる際、結構力加減がむずかしいので気を付けてください。思ったより力が要ります。

最後に乾電池を入れます。単4乾電池2本です。プラスとマイナスの方向を間違えないように気を付けてくださいね。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> ABS樹脂 POM樹脂 鉄
<使用電池/対応カートリッジ> 単4アルカリ電池2本

サイズはどれくらい?

直径は交通系ICカードの大きさより少し大きいぐらいです。

<実測サイズ>(約)
高さ2.5cm 最大(うさぱんだつき) 9.5cm 直径11cm

付録を使ってみた感想は?

おそうじロボUSA-8

可愛いフォルムなのにおそうじ力は超本格的で、電池を使って動く極上家電ふろく!ということで期待大のおそうじロボUSA-8。さあ、早速使ってみます。

スイッチオンして、テーブルにある消しゴムのカスを吸ってもらいます。

オンしたとたん、ぶおーーーーーんと大きな音・・!思っていたより、かなり大きい音にびっくり。

くるくると動きだし、ゴミは吸いこんでくれました。

机の端に来ると落ちずに、方向転換もしっかりします。すごい!!本物の掃除機みたいです。

でもその間も「ぶおーーーーん」という大きな音が気になります。クルクル周りながら、ウロウロするロボット掃除機。

うん、もういいかな。小さなゴミも吸いとってくれたようです。

集まったゴミは裏のゴミ入れから出すことができます。パカッと開けるだけで、ゴミを出せました。

 

電池はドライバーなどの道具を使わなくても交換可能なので、小さいお子さんでも自分でできます。操作もボタン一つ。「スイッチをオンすると動く、オフにすると止まる」と難しい点はありませんでした。

お金もちおもしろメモ

お金もちおもしろメモは、本誌に綴じ込まれていました。自分で切り取る必要がありますが、ミシン目が付いているので切り取りやすいです。

メモの表は、どれもお金に関するイラストになっています。前澤社長の100万円札メモは、お財布にいれておくとお金持ちに!?と書かれています。

メモなので、裏側にメッセージを書けるようになっていました。裏はオレンジ色が主。イラストが入っているものなど、それぞれのメモ帳によって違います。

メモは全部で9種類。紙はぺらぺらとした薄手です。ノート1枚ぐらいの厚みは感じられませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

おそうじロボットはしっかりゴミは吸いとってくれますが、なんせ音が・・なので「うーん・・・」です。
勉強机に使うのであれば、これは勉強途中で使うとかなりうるさいし気が散ります。可愛いし、アイデア抜群で小さいお子さんが勉強したあとのけしごむカスはいっぱい出ると思うので使える付録なんです。でもでも、やっぱりもう少し音が小さいほうがいいかなと思います。次はもうちょっと小さい音の掃除機お願いします。

購入した付録つき雑誌/ムック

ちゃお 2020年6月号
発売日:2020年5月2日(土)
出版社:小学館
価格:660円