雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】サライ 2020年7月号《特別付録》サライオリジナル世界遺産首里城正殿ペーパークラフト

サライオリジナル世界遺産首里城正殿ペーパークラフトはどんな付録?

首里城正殿(沖縄県)は2019年10月31日に火災で焼失しました。

『サライ』7月号では、その復興を願い、ありし日の首里城正殿をモデルにペーパークラフトを設計しました。赤瓦(あかがわら)や唐玻豊(からはふ)、龍の装飾なども表現しています。組み立てながら、首里城正殿の構造や特徴がよくわかります。

付録ライフより

完成サイズ:幅約31cm、奥行き約16cm、高さ約15cm

付録ライフより

ペーパークラフト作成に必要なもの

・木工用ボンド※なければのり、両面テープなど

・カッター

・定規15cm~30cm

サイズはどれくらい?

高さは500mlのペットボトルよりやや低いぐらい。

横の長さはB5サイズ横より少し長いぐらいです。

付録を使ってみた感想は?

ペーパークラフトは、袋の中にまとめて入っています。

紙は少し固めのボール紙。幼児雑誌の付録とよく似た紙質でした。

折り目をつけやすい素材です。

サライ本誌には作り方のコツ、手順などがとても詳しく紹介されています。パーツごとに『二階屋根』『右袖屋根』などの名称が載っており、とてもわかりやすかったです。

初心者でも取り組みやすい内容でした。

 

しかし、細かい作業が多く、予想よりも難しかったです……

 

私は幼児雑誌で付録を組み立てていたり、子供のペーパークラフトを一緒に作っていたりして少しは経験値があるはずなのですが泣

屋根の大棟、隆棟なども忠実に再現されてるためパーツが多く、そもそも首里城の知識が薄かったの原因のひとつだったのかもしれません。

屋根部分だけで1時間弱ぐらい?かかりました。

 

細部までパーツがあるので、本格的です!

パーツ同士を合体させる時はかなりドキドキでした。壊れたら立ち直れないです…

入り口の堂々たること。私の作り方が下手くそなため少しガタついていても、芸術的です!

左右の袖部分はどうしてもうまくはまらない部分があったので、セロハンテープを貼り付けるという力技で乗り越えました。

完成までに2時間弱かかりました。完成したときはかつてない達成感で胸がいっぱいに。

器用な人なら1時間もかからないかもしれないです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

立体的で迫力感がたっぷり!本格的な首里城正殿に完成した際の達成感はかなりのものでした。

家族にもすごい!と沢山褒めてもらえるクオリティでした。

 

首里城には観光で2回ほど訪れたことがあり、ペーパークラフトを作りながら当時、鮮やかな赤瓦と装飾に心打たれたことを思い出しました。

現在、首里城正殿は再建をすすめているとのことで、心より復興を願うばかりです。

購入した付録つき雑誌/ムック

サライ 2020年7月号

発売日:2020年6月9日(火)
出版社:小学館
価格:890円