雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】SPRiNG(スプリング)2020年9月号《特別付録》Ray BEAMS(レイ ビームス)キルティングが洒落てる巾着ショルダーバッグ

SPRiNG(スプリング)2020年9月号(2020年7月20日(月)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でフラゲレビューとしてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

Ray BEAMS(レイ ビームス)キルティングが洒落てる巾着ショルダーバッグはどんな付録?

『SPRiNG』9月号の付録は、セレクトショップ・BEAMSの人気レーベル・レイ ビームスとのコラボから生まれた、巾着ショルダーバッグ。大きめの外ポケットが新鮮なデザインです。

FASHION BOX | 宝島社より

特徴1. ショルダーストラップにはアジャスター付きで長さ調節が可能
特徴2. メインバッグとして使えるサイズ感
【サイズ(約)】
高さ24×幅25.5×マチ12.5cm[最大値]
ショルダーストラップ108cm[最大値]

FASHION BOX | 宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

本体にはB6サイズのカードケース、ポケットにはB7サイズのカードケースがすっぽり入ります。
ちなみにポケットには7×15cmのスマホも入りました。

最大容量は500mlのペットボトル4本です。巾着をぎゅっと閉めてみましたが、少し隙間があいちゃいました。

<実測サイズ>
ポーチ:タテ23cm ヨコ25.5cm マチ12cm ポケット12×15×3cm
ショルダーストラップ 最短57.5cm 最長111cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、合金、鉄
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ表面はスルスルとした肌触りのキルティング地。触るとフワフワっとしていますが、子ども用のお稽古バッグなどに使われているキルティングのようなフワフワ感ほどはなく薄めのフワフワ感です。

バッグの内側はシャカシャカとしたポリエステル素材。少し硬めでハリがあります。

フロントポケットをパカッと開けてみると、表地にポケットが付いているといった様子でした。

付録の品質はどう?

ミシンの縫い目はキレイでまっすぐに縫われ、糸の始末も問題なく、特に気になる点はありませんでした。
ただ、フロントのポケットに付いているタグが少し歪んでいるのが気になりました。

付録を使ってみた感想は?

【持った際のサイズ感】
ショルダーベルトは調節可能。使いやすいところで持てます。肩掛け・斜め掛け、どちらもできました。(ショルダーベルトを外すことはできません)
161cmの身長で腰骨あたりに開口部がくるように調節すると、底部は足の付け根より少し下あたりです。

【開口部】
開口部は広くぱかっと開き底まで見渡せます。閉める際には巾着仕様。紐できゅーっと絞ります。

紐を連続で開け閉めしてみましたが、とくに引っかかりはありませんでした。ただ、ぎゅーっと閉めるには少し力が必要です。
開ける際にはボタンを押しながらスライドさせると、すーっと開きます。

【耐水性】
夏に向かうと急な雨が降ることもあるので、耐水性を調べてみました。水をさっとかけています。
バッグの表面は水が染み込んでいきました。

バッグの内側にも水をかけてみると、なんとなく弾いています。タオルで拭くと水分は取れましたが、じとっと沁み込んでいる感じでした。

【耐荷重性】
約2キロのモノを入れて持ちあげると、ショルダーベルトと本体のつなぎ目が少し引っ張られてしまい形が整わなくなってしまうので、少し軽めのモノがよさそうです。

【匂い】
気になるような匂いは特にありません。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

可愛いんです、可愛いんですけど、ちょっと小さいかな・・。そして、開口部がちょっと頼りないかな・・と思ったので「うーん・・」です。

予告を見てかなり期待してしまっていたので、お?!小さい!!と最初に思ってしまいました。また、巾着部分はモノを入れていたら、全部ぎゅっと閉めるのは難しいので、被せるフタのようなものが欲しいかな。せっかくマチも広くていろいろ入るので、あとひとつ!開口部だけが気になる点でした。

購入した付録つき雑誌/ムック

SPRiNG 2020年9月号
発売日:2020年7月20日(月)
出版社:宝島社
価格:1,080円

購入できる公式サイト宝島チャンネルはこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの2020年9月号増刊も同時発売です。 詳しいフラゲレビュー記事はこちら>>