雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】 VOCE(ヴォーチェ) 2020年11月号特別版≪特別付録≫ 長井かおり氏監修「フジコ ミニエアリーディップパウダー」

 

長井かおり氏監修「フジコ ミニエアリーディップパウダー」はどんな付録?

数々のヒット商品を世に送り出し、その勢いが止まらないフジコとヘアメイクの長井かおりさんが最強タッグを組んで限定色をプロデュース。VOCEの特別版付録のみで入手可能な幻の一本をご紹介!

(本誌p.28より)

1 旬のカラーで、洒落見えしつつ、ちゃんとデカ目も欲張れる!

2 宇宙を感じさせる2色のラメがきらめいて可愛すぎ♡

3 前回のコラボ色はほぼ予約で完売!手に入らない幻の色として話題に

(本誌p.28より)

これ1本で、目から頬から唇やらすべて楽しめるようです。

 

実物はこんな感じ。

レゴブロックのような突起がついています。シリーズで組み立てて楽しむ(?)ことができますよ。

貼りこみ付録として、以下の2点もついていました。

・雪肌精 新作美白ローション

・コスメデコルテ リフトディメンション(2回分)

 

原産国は?成分は?

 

<製造国> 韓国 MADE IN K O R E A

<成分> グリセリン 水 酸化鉄 ジメチコケイ酸シリカ ポリメチルシルセスキオキサン 他

 

付録ではどれくらいの容量入り?

<容量> 0.8g

フジコ・ミニエアリーディップパウダー(0.8g) は、定価1100円(税別)。

市販品と同製品の限定カラーなので、1100円相当になります。

 

付録を試してみた感想は?

Fujiko(フジコ)ミニエアリーディップパウダー

くるくるねじを回すようにして、ふたを開けると、こんな感じでした。

スティックの先にパウダーが付着していて、それを肌にのせるようになっています。

大きさはショップカードの高さと同じくらい。

開けた瞬間「小さっ」と思わず声に出してしまいました。でもよくよく考えたら、ミニエアリーディップパウダー が商品名なので、妥当なサイズともいえます。

さっそく腕にのせてみます。

すくってポンポンとのせてみると、びっくり。ものすごく発色がいいです!

ほぼ想像通りの色味が腕につきました。

パウダーはとても細かく、自然なぼかしができそうです。

そこで、次に指でトントンとぼかしてみました。

すると驚き!パウダーのすき間から、キラキラのラメラメが姿を現してきました。

ラメはテラコッタカラーのパウダーよりも粒が大きく、キラキラしていて可愛いです。可愛いながらも、キラリと光り、さりげなく主張してきます。

控えめなふりをしながら、これはあざとさ全開、かなりのインパクトです。

今度はもっともっとぼかしてみました。ほぼ色味は消えてしまいましたが、うっすら残っています。かなり落ちにくいパウダーだと感じました。

 

雪肌精 新作美白ローション

手のひらに出してみた様子がこちら。

ローションでも、シャバシャバすぎず、ぬるっととろみがあります。ローズのような高貴な香りがふんわりと漂い、幸せな気持ちに。

顔に広げてみると、一回分以上の量がありました。たっぷり顔意外に首や腕や足などに広げることができました。

 

コスメデコルテ リフトディメンション(2回分)

雪肌精のローションで潤った肌の上に、次はコスメデコルテ リフトディメンションを使ってみました。

手のひらにのせた様子がこちら。

こっくりとしたとろみ感です。美容液とありますが、テクスチャーは乳液のようです。

実際に肌につけてみると、うるおってカバーしてくれているような感じがします。

香りは百合のような、こちらも高貴で女性らしい香りがしました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大人気の Fujiko(フジコ) ミニエアリーディップパウダーが付録、しかも売り切れ必至の限定カラーとあって、これは問答無用で「あり!◎」ですね。

筆者は、このミニエアリーディップパウダーとともに、Fujiko(フジコ) ミニウォータリールージュもお手頃プライスで気になったので、こちらもゲットして、ダブル使いで行こうかなと計画中です。

 

付録違いのVOCE2020年11月号のレビューはこちら⇒アルビオン エクシア新作ファンデ&人気下地・ロクシタン イモーテル ディヴァインオイル

 

購入した付録つき雑誌/VOCE(ヴォーチェ) 2020年11月号特別版

誌名 VOCE(ヴォーチェ) 2020年11月号特別版

出版社 講談社

価格 1727円(税別)

発売日 2020年9月19日(土)