雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【開封レビュー】 marisol(マリソル)2020年11月号≪特別付録≫ ニュアンスブラック美脚タイツ&鬼滅の刃 チケットホルダー

 

ニュアンスブラック美脚タイツ&鬼滅の刃 チケットホルダーはどんな付録?

 

鬼滅の刃 チケットホルダー

もはや社会現象となった作品「鬼滅の刃」とコラボしたチケットホルダーが今月の付録。

表側は大人が使いやすいシックな柄、開くと主人公・炭治郎&人気キャラ・煉獄が!

(本誌p.160より)

中には小さめマスクを入れたり、チケットや領収書を入れておいたり、ごちゃつきがちなバッグや手帳の中を整理するのに役に立ちそうです。

シックな和柄が大人っぽい表面。

炭治郎のマークと煉獄さんのマーク。知る人ぞ知る感じがファンには嬉しいですね。ぱっと見アニメの絵柄とはわからないので、ファン以外の大人にも使いやすいデザインです。

 

 

VERMEIL par IENA ニュアンスブラック美脚タイツ

今月号の付録は、少しだけグレイッシュな色みが使いやすい”ニュアンスブラックタイツ”。

(本誌p.97より)

パッケージには40デニールと書いてありました。

 

 

原産国は?素材は?

VERMEIL par IENA ニュアンスブラック美脚タイツ

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> ナイロン・ポリウレタン混紡

 

サイズはどれくらい?

鬼滅の刃 チケットホルダー

閉じた状態で、長さはB6サイズと同じくらい、幅はB6サイズの2/3くらいです。

<実測サイズ>  10×19.5㎝

 

付録を使ってみた感想は?

鬼滅の刃 チケットホルダー

表面は、まさかアニメのチケットホルダーなんて予想もつかない渋めのデザイン。(いや、見る人が見れば一発でわかるアイコンが描かれていますが)

開いてみるとあの鬼滅キャラ・炭治郎&煉獄が!表面の穏やかでシックなデザインとはうって変わってアピールが凄まじいです。

 

LEE(リー)2020年11月号 付録「鬼滅の刃」一筆せんを入れたらぴったりサイズ。

一筆箋をこのチケットホルダーに入れて持ち歩いてもいいですね。

いつの間にかお財布の中にたまりがちな領収証を整理するのにもぴったりです。

 

VERMEIL par IENA ニュアンスブラック美脚タイツ

パッケージから出してみました。

ニュアンスブラックといっていますが、なるほど、確かにただのブラックとは違い、微妙にグレーがかった繊細なカラーリングです。

さわった感じはなめらかで厚みがあり、引っ張っても透けることはありませんでした。

タグはポリエステルでつややか。なんだか高級感があります。

(これは足ではありません↓)腕を入れてみました。

グー――っと引っ張ってみても透けたりせず、市販のタイツと同じ感触でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

鬼滅の刃 チケットホルダー

最近はスマホOKのチケットレスの公演がほとんどなので、チケットホルダーとしての出番があるかは微妙なところです。

ただ、新幹線に乗ったり、観光で一日乗車券を使ったり、領収書を整理したり、何かと使い道がありそうなサイズ感だと感じました。

マスクを入れておくのにも良さそうです。

VERMEIL par IENA ニュアンスブラック美脚タイツ

個人的に、ストッキングは好きではないですが、タイツは大好きで、冬になると毎日タイツをはいているので、この付録はとてもありがたいです!

また、色味がチャコールグレーとも異なるグレイッシュなブラックで、ありそうでなかった色というのも嬉しいです。

このニュアンスブラック美脚タイツをゲットしたので、秋冬のコーデを考えるのが楽しみになってきました。

購入した付録つき雑誌/marisol(マリソル)2020年11月号

誌名 marisol(マリソル)2020年11月号

出版社 集英社

価格 980円(税込)

発売日 2020年10月7日(水)