雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】日経ウーマン 2020年11月号《特別付録》リサ・ラーソン万年筆&自己肯定感が高まるノート

リサ・ラーソン万年筆&自己肯定感が高まるノートはどんな付録?

◎付録1は、昨年も大好評だった万年筆。
今年はリサ・ラーソンと日経WOMANのコラボレーションで新柄「マカロンのスケッチねこたち」をあしらった大人かわいい万年筆に♪

インクの色は昨年のブラックからチェンジして今年はブルーブラックです!

日経WOMAN(公式)Instagramより

◎付録2は、万年筆とおそろい柄の「自己肯定感が高まるノート」です。
自己肯定感育成の第一人者、#中島輝 さんに監修いただきました。

自分の内面を見つめながら、書き続けることで自己肯定感が生まれる、そんなワークをたくさん詰め込んでいます。

日経WOMAN(公式)Instagramより

【準備】万年筆のカートリッジは自分で装填する必要があります。

万年筆に装填する際には、本誌や付録の箱に詳しい説明があり。説明を読みながら付けました。ペン先を上に向けながら「カチッと音がするまで」がなかなかできず、少し苦労しました・・。手だけではできなかったので、インクをテーブルに立てて、その上からペン先を付けるように押し込んだところ「カチッ」と音が鳴り完成しました。

インクがなくなれば、カートリッジ交換して使い続けることが可能です。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国
<素材表記> 万年筆本体 ステンレス・ABS ペン先 鋼 カートリッジ PP

サイズはどれくらい?

万年筆は普段使いのペンと同じ長さでした。
自己肯定感が高まるノートはA5サイズです。

<実測サイズ>
万年筆 長さ約14cm

付録を使ってみた感想は?

【万年筆】
リサ・ラーソンの「マカロンのスケッチねこたち」のイラストが全面に描かれ、ゴールドのアクセントが効いています。

インクはブルーブラック色でした。

万年筆にインクを装填して準備完了。⇒装填については【準備】に記載済み
ペン先などとくにつぶれはなく、キレイな状態です。

さあ、文字を・・。万年筆を使うことがないので、少し緊張しながら書いてみました。

インクの濃淡が出てますよね!!文字は上手くはありませんが、キレイに見えませんか?!かなりの満足です。

【自己肯定感が高まるノート】
万年筆と同じ柄のノートです。

中身はチェックシートやワークなど。どんどん書き込めます。しっかり見つめ直すことで自己肯定感が生まれるとのことです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

素敵な万年筆が付いた付録はもちろん「あり!」です。

インクを装填するところから始まる万年筆の付録は初だったので、ワクワクしながら準備をしました。なかなか、装填に時間がかかりましたが、インクが出たときは感動!そして、万年筆の質感にも感動でした。このまま万年筆沼にはまりそうな予感です。
ノートも自己肯定感が高まるということで、なかなか深いノートです。自分を見つめることで、少し変化があるといいなー・・。どちらも満足の付録でした。

購入した付録つき雑誌/ムック

日経ウーマン 2020年11月号
発売日:2020年10月7日(水)
出版社:日経BP
価格:820円