雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】JELLY(ジェリー) 2020年12月号≪特別付録≫ 21色パレット&ミニマスカラ&ブラシセット

21色パレット&ミニマスカラ&ブラシセットはどんな付録?

付録の21色パレット徹底活用!

COOL派女子のトレンドEYEメイク

ストリート×女っぽstyle最強説♡

目指せ、カジュアル美人!

JELLY公式HPより

配合成分 ハルミチン酸エチルヘキシル ピスジクリセリルホリアシルアシベートー2 トリメリト酸トリトリデシル  他

(パッケージ裏より)

今回の付録はボリューム満点21色パレットと超豪華。

これだけ揃ったカラーバリエーションなら、ベーシックメイクでも、少し冒険メイクでも、流行メイクでも、あれこれ挑戦できそうです。

原産国は?成分は?

21色パレット&ミニマスカラ

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

 

付録ではどれくらいの容量入り?

21色パレット

<容量> 29g

ミニマスカラ

<容量> 1.1mℓ

 

付録を試してみた感想は?

21色パレットですが、こんなにたくさんのカラバリ、どれを使ったらいいのか迷ってしまいます。嬉しい悲鳴です。

メイクの提案は、本誌p.8~11に掲載されているので、それを参考にしてみるといいと思います。

並びの順に、上2段の配色を腕にのせてみました。ラメが入ったカラーは柔らかく色がつきやすいですが、なかには薄づきで硬いカラーもちらほら。

下2段の色がこちら。ダークカラーはこれからの秋冬メイクで使えそう。個人的にカーキがとても気になります。

一番下の3色のうち右の2色はクリームタイプ。リップとして使うのに良さそうです。

 

ミニマスカラは、黒ではなく、ブルーっぽいグレー。まつげや眉毛に使えます。真っ黒ではないので、程よく抜け感が生まれ、クールな印象を作り出せます。

実際に使ってみると、シャビシャビしていてやや水っぽいかな、と感じました。

マスカラのブラシの毛が乱れていて、少し残念です。

この長いブラシはとても持ちやすく、使いやすいです。今までありそうでない長さ、活躍してくれそうです。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

カラーパレットは何色入りでもウキウキししますが、今回は全部で21色と、もうこれは気の早い年末バーゲンセールなのか?というほどのおトク感。

マスカラは少しだけシャバシャバしているのが気になりましたが、抜け感のあるカラーリングがいいなと思いました。

ブラシはふつうにやわらかくて使いやすいです。

Amazonでは予約販売ですでに完売と、発売前から注目のJELLY(ジェリー) 2020年12月号、書店で見かけたらぜひチェックしてくださいね。

 

 

購入した付録つき雑誌/JELLY(ジェリー) 2020年12月号

誌名 JELLY(ジェリー) 2020年12月号

出版社 文友舎

価格 950円(税込)

発売日 2020年10月17日(土)