雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】ベビーブック 2019年1月号《知育ふろく》アンパンマン パンやさんはめえ+《スペシャルふろく》ルンルン♪うたとおはなしDVD

購入した雑誌/ムック

<雑誌>  ベビーブック 2019年1月号

<発売日> 2018年11月29日

<出版社> 小学館

<価格>  ¥ 740

どんな付録?

子どもに人気のアンパンマンでパン屋さんのごっこ遊びができる《知育ふろく》と、アンパンマンやノンタン、トーマスなどの歌やおはなしが100分収録されたDVDの《スペシャルふろく》のセットです。

大きさは?

《知育ふろく》サイズ:高さ12×幅51×厚み0.3センチ/重さ59g

3つ折りでたたむことも可能で、折りたたむと高さ12×幅16.5×厚み1センチになります。

素材は?使用成分は?

《知育ふろく》素材:発泡PS(ポリスチレン)、紙 Printed in Japan

刺激臭はありませんが、少し印刷インクのようなにおいがあります。

《スペシャルふろく》Pressed in HongKong

購入した感想は・・・

「アンパンマン パンやさんはめえ」はベビーブック世代に人気の、アンパンマンとその仲間たちのパンがプリントされたパーツで、はめえ遊びをしたり、パン屋さんのごっこ遊びができる付録です。

《知育ふろく》表面

《知育ふろく》裏面

パーツは裏面の「ぬく」と書かれた丸い部分を押して外します。この部分はパンやさんごっこに使うので、抜いて穴にしておきます。抜いた後の丸いパーツは、子どもが誤飲しないように、すぐ処分しましょう。

パーツには本物のパンで作ったと思われる、アンパンマンたちのパンの写真が使われています。パンが本当にかわいくて、お店で販売されていたら欲しくなっちゃいそうです。

裏面まで本物のパンの写真というこだわりよう!

パーツは発砲ポリスチレンをプリントした紙ではさんでいる作り。軽くて持ちやすいです。

パーツの軽さや、手を切らないように角を丸くした加工は子どもでも扱いやすく嬉しい仕様なのですが、ベビーブック世代の子だと何でも口に入れてしまうので、すぐ傷んでしまいそうなのが少し心配です。我が子もすぐかじってしまう気がします・・・

パンの写真の面は、パーツを外すと同じ写真がプリントされているので、同じ写真のところにパーツをはめてはめえ遊びができます。「アンパンマンはどこかな~」など、ママと一緒にコミュニケーションをとりながら遊べそうですね。

裏面はパン屋さんのイラストがプリントされていて、パーツを外すときに使った穴に、好きなパーツを差して使います。

ごっこ遊び自体は楽しいのですが、パンのパーツを穴に差し込むと、場所によってはキャラクターの顔がすっかり隠れてしまうのが惜しいところです。

《スペシャルふろく》ルンルン♪うたとおはなしDVDは、「おはなし」「知育」「うたっておどろう」「おでかけ」など、様々なジャンルの内容が100分収録されたDVDです。

特におはなしコーナーがいろいろなキャラクターのお話があり、一番充実しています。子どもはお話や歌が好きなので、おはなしとうたっておどろうのコーナーは特に重宝しそうです。

お得度メーター

《知育ふろく》の方は見た目のかわいらしさや遊びの楽しさは良いのですが、素材の耐久性が低く、すぐ子どもが口に入れて噛んだりなど、ダメにしてしまいそうのがマイナスポイント。《知育ふろく》のみだと少し残念な気分になりますが、DVDがついていることでお得感がアップしていると思います。

次号予告

ベビーブック 2019年2月号は大人気のお風呂で遊べる付録「アンパンマン おふろでジュースやさんDX」です。ファミリーレストランのジュースサーバー遊びが、お風呂で出来ちゃいます。ボタンとコップが2個に増えたので、ジュースを選ぶ楽しみも増えてさらに楽しく遊べます。お風呂がますます楽しくなりそうな付録です。