雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【開封レビュー】MILKFED.(ミルクフェド) SHOULDER BAG SET BOOK

 

 ミルクフェドのショルダーバッグ、エコバッグはどんな付録?

大人気ファッションブランド
「MILKFED.(ミルクフェド)」のブランドブック最新作!
“いま欲しい!”が詰まった超豪華2大アイテムセットができました!

シンプルでシーンレスに使いやすい、レザー調の2WAY ショルダーバッグと
コンビニにもGOODサイズ! ガシガシ使えてうれしい、エコバッグのセット。

宝島CHANNELより

SIZE(約)
ショルダーバッグ:W215×H260×D75㎜
ショルダーストラップの長さ1150㎜[最長]
エコバッグ:W285×H305[持ち手含まず]×D165㎜

宝島CHANNELより

今シーズンのMILKFED.(ミルクフェド)のムック本は、ショルダーバッグエコバッグの2点セットがついています。おトク!

1点目は、上品なレザー調が使いやすいショルダーバッグ。

もう1点は、今や生活に欠かせないエコバッグです。この秋大注目のタータンチェック柄が目を引きますね。

ショルダーバッグは、カジュアルコーデにも使いやすいサイズとシンプルデザイン。

ショルダーバッグとしても、トートバッグとしても、どちらで使ってもOKです。

エコバッグは、鮮やかなイエローが目を引く、秋冬にぴったりのカラーリング。

もちろん、きれいめのコーデにもぴったり!

ユニセックスで持っても違和感なしです。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

■ショルダーバッグ

500mℓペットボトルがタテに2本入る大きさです。この状態だとマグネットボタンで閉じることができます。

エコバッグ

広げると、かなり大きなマチができます。底部分の大きさはB5サイズがぴったり。

この状態だと、高さはB5サイズが横向きで入れられる大きさです。

容量は500mℓペットボトルが8本と、かなりたっぷりです。

小さくたたんで、付属のゴムで留めればA6サイズよりも小さくコンパクトに。

エコバッグの素材が厚手の生地なので、折りたたんだ後はかなりの厚みがありました。ショップカードくらいの厚みです。

<実測サイズ>

■ショルダーバッグW220×H265×D75㎜   ショルダーストラップの長さ1170㎜[最長]

■エコバッグW290×H305[持ち手含まず]×D160㎜

 

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

■ショルダーバッグ

つややかで光沢があり、ハリのある合皮製。厚みもあり、しっかりと自立します。

裏面は短い起毛のやわらかな手ざわりです。

MILKFED.のロゴ部分は型押しで、高級感があります。

 

エコバッグ

こちらは、今までレビューしたエコバッグのなかでは断トツの厚みのある生地でした。

手ざわりはシャカシャカしていて、ハリがありますが、クシャッとしてもしわにならず、しなやかに復元します。

水をかけてみたらしっかりとはじいてくれたので、撥水効果もばっちりです。

生地をよく見てみるとリップストップ生地でした。

 

付録の品質はどう?

■ショルダーバッグ

縫い終わりの糸が出ている部分が1か所ありましたが、コッソリ切ってしまえば問題なし。

それよりも筆者が気になったのが、ショルダーストラップの生地の薄さ。

見た目丈夫そうな顔をしていますが、思ったよりも分厚くなく、思った以上にやわらかかったです。

そのせいなのか、ショルダーにして斜め掛けすると、バックルの留まりが悪く、少し引っ張るとすぐにショルダー部分が伸び縮みしてしまいます。

まあ、考えようによっては調節しやすくて便利なのかもしれませんが。

エコバッグ

こちらは、かなりいいです!

縫製はまっすぐ一定で問題なし、生地のクオリティーも高いのではと感じました。

 

付録を使ってみた感想は?

■ショルダーバッグ

容量を調べた時から、あまり物が入らなそうだな、と感じましたが、必要最小限の、お財布、エコバッグ、ドライブ用メガネを入れてみました。ここにスマホも入れる予定ですが、ちょうど良い大きさ。

ショルダー部分については品質の欄でコメントしましたが、トートバッグ時の持ち手も、やはり頼りない感じです。握ってみた感触としては、細すぎるような気がしました。

ただ、もともと物がたくさん入る想定のバッグではないので、持ち手がこの細さでも問題なし。

生地が丈夫なので、まったく型崩れすることもありません。危なげなく使うことができます。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ショルダーバッグは、予想よりも物が入らないな、と感じましたが、必要最小限のアイテムはしっかり入れることができるので、「あり!◎」です。

このコンパクトなサイズなら、筆者がいつも使っている大きめトートのバッグインバッグとして使ってもいいかな、と思いました。

今回とても気に入ったのが、エコバッグです。

レジ袋バッグ必携化してから、はや数か月が経過しました。

最近、コンビニでプリンを買ったのですが、うまく持って帰ることができず、家に着いたらプリンが、とても悲惨な状態に・・・。ひっくり返ったプリンを食べる切なさといったら、あれは悲しかったです。

色々考えたのですが、マチがない大きなエコバッグ(ショルダータイプ)をコンビニに持って行ってはダメだということに気がつきました。

マチがない大きなショルダータイプのエコバッグには全く罪はありませんが、次回コンビニでプリンを買う時には、このMILKFED.(ミルクフェド)エコバッグを持っていこうと思いました。

 

 

購入した付録つきムック/MILKFED.(ミルクフェド) SHOULDER BAG SET BOOK

誌名 MILKFED.(ミルクフェド) SHOULDER BAG SET BOOK
出版社 宝島社

発売日:2020年11月5日
価格:本体2,390円+税

宝島CHANNELより

予約ができる公式サイト:宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)