雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】kodomoe(コドモエ) 2020年12月号≪特別付録≫ ノラネコぐんだん プリンかんたんだね トート

 

ノラネコぐんだん プリンかんたんだね トートはどんな付録?

恒例のBIGトートが今年も登場。

サイズはタテ約38×ヨコ約37×マチ約10cm。

落ち着いたグレーの生地に、ノラネコとマーミーちゃんがプリンを作っているイラストをあしらいました。

もちろん、イラストは工藤ノリコさんの描きおろし!

こちらのフェアの新刊購入特典「プリンおいしそうポーチ」とセットで持てば、かわいさ100倍!

kodomoe公式HPより

タテ約38×ヨコ約37×マチ約10cm。

kodomoe公式HPより

こんなに可愛くてBIGなトートバッグが今回の付録。

グレーの背景に、のらねこぐんだんがプリンを作っている様子の、楽しいイラストが目印です。

もう一つは、別冊絵本。全部で24ページで、中にはとてもおいしそうなスイーツたちがたくさん!

どれもおいしそうなので、思わず食べたくなって、おなかがすいてきてしまうかもしれません。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B4サイズがタテでぴったり入ります。マチがあるので、幅はまだ少し余裕があります。

<実測サイズ>

タテ約38×ヨコ約37×マチ約9.5cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表面はサラサラでつやがあるポリエステル素材。

裏面はゴムのような手ざわりの加工がされていて、少しゴム臭のような匂いが気になります。

適度に厚みがある生地なので、重たいものを入れても大丈夫そうです。

クシャッとしてもしわにならず、しなやかな素材です。

 

付録の品質はどう?

匂いは気になりますが、防水効果は抜群。

水をバシャッとかけてみました。水をはじいたものの拭いても水濡れのシミが残った表面に対して、裏面には水分は全くしみていませんでした。

ミシンの縫い目は約3㎜。一定に縫製されています。が。

裏面をチェックしてみると、印の部分の縫い終わり箇所の縫製が雑だな、と感じました。

表面からは全く分からないので問題ありませんが。

 

付録を使ってみた感想は?

このノラネコぐんだん プリンかんたんだね トート、はじめて見た時から、絵本バッグによさそう!と思ったので、家の本棚に眠っていた、懐かしの絵本を10冊入れてみました。

10冊入れてもこの余裕。もう少し入れても大丈夫そうです。

10冊入れて持ち上げましたが、持ち手と本体を縫合してある箇所はびくともしません。写真でわかるように、✖でしっかりと縫ってあります。

親子で図書館に行って、たくさん本を借りてきても、このバッグに入れて持って帰ってくることができますね。

持ち手を力いっぱい何回か引っ張ってみましたが、びくともしません。結構な重みに耐えられるかと思います。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

思わずおなかがすいてきてしまいそうな、楽しいイラストのノラネコぐんだん プリンかんたんだね トート

お料理好きのちびっ子なら、こんなイラストを見たらプリンが作りたくなってしまいますね。

食いしん坊のちびっこには、プリンが食べたいと駄々をこねられてしまうかもしれません。

別冊の絵本、おやつトランポリンは、おいしそうなスイーツのイラストが満載。

本誌にも絵本にちなんだ料理のレシピや写真などがたくさん掲載されています。

おなかがすいてきてしまうこと間違いなしの1冊。kodomoe12月号を読みながら、ぜひ親子でお料理やお菓子作りを楽しんでくださいね。

 

 

購入した付録つき雑誌/kodomoe(コドモエ) 2020年12月号

誌名 kodomoe(コドモエ) 2020年12月号
出版社 白泉社

2020年11月06日発売
定価710円(本体645円)

kodomoe公式HPより

買い忘れの心配なし!毎号おうちに届くお得な定期購読は「富士山マガジンサービス」で受付中