雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】DIME(ダイム)2021年1月号《特別付録》8.5インチLCD デジタルメモパッド

8.5インチLCD デジタルメモパッドはどんな付録?

DIME1月号の付録は、会議中のメモ、アイデアスケッチ、備忘録、伝言板、子どものお絵描きなど、いろんな用途に使える「8.5インチLCDデジタルメモパッド」。

@DIMEより

LCDの板面が常時オンになっていて、付属の専用ペンですぐに書ける。厚みは約5㎜しかなく、ノートPCと一緒に持ち運ぶのも苦にならない。最大10万回書き換えられるため、子供の書き文字練習やお絵描きにも最適。

@DIMEより

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> 本体:PS(ポリスチレン) ネジ:316ステンレス ペンのボディー:PS(ポリスチレン) ペン際:POM(ポリアセタール)
<使用電池/対応カートリッジ>電池 CR2025

サイズはどれくらい?

A5サイズのカードケースとほぼ同じぐらいの大きさです。

厚みは、手持ちのスマートフォンとほぼ同じでした。

<実測サイズ>(約)
タテ23.5×ヨコ14.5×厚み0.5cm

付録を使ってみた感想は?

全体の色は黒。メモ上部に専用ペンが付いています。厚みは薄いので、重たいものを載せたりしないほうが良さそうです。専用ペンには@DIMEのロゴが付いていました。

本体裏側です。画面ロックのスイッチや、電池を交換する際に電磁ボックスを開けるネジがあります。

画面はロックできます。ロックしていてもどんどん書くことができますが、書いた内容は消すボタンを押しても消えません。

【色合い・操作】
文字は緑っぽい色です。黒い画面に緑の色は見やすく感じました。

専用のペンで文字を書くと、書いた文字そのまま映し出されます。ボタンを押すだけで文字は全部消えました。

ちなみに指の腹で書いても線は出ませんが、爪だと線が出ました。爪の線部分はLCDパネルにキズがついていないか気になり確認しましたが、特に画面はキズついてはいませんでした。ただキズがつく可能性もあるので、専用ペンが安心です。

【書き心地】
ペンは力の加減で線が書けました。するするとペンがすすみ、ひっかかりなどなく書きやすいです。

【電池の入れ替え】
最大10万回書き換えられるそうなので、電池はすぐに必要になることはないと思いますが、入れ替えにはネジをはずす必要がありドライバーを使います。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

デジタルメモパッドは書きやすくて、見やすくて、ボタン一つで消せる優れモノのなので「あり!」です。

初デジタルメモパッドでしたが使い方はカンタン。ペンで文字を書き、ボタンひとつで文字が消えました!付録でこんなにすごいものが付いているなんて!とびっくりです。

このメモパッドで使い道は色々考えられますが、私はその日にやらなければいけないことを書き出しておいて、できたものから線で消していき、最後までできたら、ボタンをピッと押して消す作業をしてスッキリ終わりたいなと思っています。

購入した付録つき雑誌/ムック

DIME 2021年1月号
発売日:2020年11月16日(月)
出版社:小学館
価格:990円