雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】Mono Max(モノマックス)2019年2月号 《特別付録》 Marmot(マーモット)のはっ水仕様ボディバッグ

購入した雑誌/ムック

発売日:2019年1月9日
宝島社
Mono Max(モノマックス)2019年2月号 890円(税込)

《特別付録》
Marmot(マーモット)のはっ水仕様ボディバッグ

どんな付録?

本誌付録初登場のブランド・マーモットのとのコラボではっ水加工を施したボディバッグです。水に強いキルティング素材を使用し、小物入れに最適なフロントポケットを完備するなど機能性も抜群。自分好みのスタイルに合わせた使い方ができ、町歩きに便利なアイテムです。

大きさは?

(実寸)

サイズ:本体/縦15.2cm、横20.4cm、マチ9cm
フロントポケット/縦12cm、横18.6cm
ショルダー/長さ最大115cm、幅3.7cm
 
重さ:140g

素材は?

素材:ポリエステル

匂い:少しあり

コラボブランド:Marmot(マーモット)

MADA IN CHINA

購入した感想は・・・

・バッグの素材/質感
素材はポリエステルで本体部分はキルティング生地です。わずかに毛羽立ち感のあるモコモコとした手触りでとても柔らかく触り心地が気持ちいいです。はっ水加工という事なので水を吹きかけて試してみたらとてもよく弾いてくれます。
背面は柔らかいスポンジ生地のようなメッシュ加工になっています。丈夫な編み目と伸縮性があり、体に触れる面なので通気性が良くていいですね。

・バッグの仕様/作り
ベルト部分は幅が約3.7センチもありますが、とても柔らかくしなやかです。幅に合わせて留め具部分も大きいので重さがあります。カチッとしっかり強度があります。
フロントにはポケットが1つ。ファスナー引き手もつまみやすくスムーズに開閉できます。内側はポリエステルのツルツル生地です。縫い代部分はきちんとテーピングされて綺麗です。

キルティング部分に施された格子状のステッチやフロントポケットとの縫い合わせ、内側へ織り込んだ背面のメッシュ生地との縫い合わせもとても綺麗で市販品レベルです。

・収納力/使い勝手
フロントポケットは小物入れにちょうどいい大きさです。手が届きやすく取り出しすいのがメリット。iPhone7プラスがすっぽりと入る大きさです。
本体部分は500mlのペットボトルや長財布がラクラク入ります。普段使っている手帳やタオル、ハンドクリームなどを入れても余裕でした。全体部分を見開きできる取り出しやすいつくりになっていてとても使いやすいです。

スタイルに合わせて様々な形で持ち歩けるのがボディバッグのいいところ。ショルダーがとても滑りがいいので調節がとてもし易いです。はっ水加工がしてあるので雨や雪の日も心置きなく使えますね。マウンテンバイクには最適ですし、ボードを滑る時にも使えそうです。

お得度メーター

素材の質が良く暖かな見た目で肌触りがとてもいいです。はっ水加工や機能性にも優れていて今の時期に使うのはピッタリですね。柔らかい生地でコンパクトに折りたためるのに収納力はたっぷりです。オススメです!

付録フォトギャラリー

【次号予告】


発売日:2019年2月9日(土)
宝島社
Mono Max(モノマックス)2019年3月号  890円(税込)

《特別付録》
Orobianco(オロビアンコ)の懐中時計