雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

お手入れ・・・【購入レビュー】美人百花 2019年1月号 《特別付録》 Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)のハーバリウムボールペン

購入した雑誌・ムック

2018年12月12日
角川春樹事務所
美人百花 2018年12月号 820円(税込)

《特別付録》
Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)のハーバリウムボールペン

どんな付録?

ジュエリーブランド・ポンテヴェキオとのコラボです。ボールペンの軸に水中花(ハーバリウム)がセットされてる、人の目を引くデザイン。ペン先のチャームは現在ポンテヴェキオで展開中のホリデーコレクション・ルミナーレ(ペンダント)と同じお花モチーフを取り入れています。

大きさは?

(実寸)

サイズ:長さ14cm、直径0.8MM
クリップ/長さ4cm

重さ:19g

素材は?

素材:アルミ、鉄、真鍮、オイル、花

匂い:なし

コラボブランド:Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)

MADE IN CHINA

購入した感想は?

デザイン/ルックス

ボールペン後尾のオイル中に浮かんでいる大小それぞれの花は、とてもゆっくり、そしてわずかにしか動きませんが見ていると心癒されました。クリップ脇には5枚のハートが寄り添う花びら型のチャーム。
全体を見ると中央が星型になるモチーフです。
使っている時は、ゆらゆらとしながら手に当たります。キラキラ反射してとても綺麗。

ハーバリウムとチャームが一際目立つこと、ボールペン胴軸のホワイトパール調とピンクゴールドのコントラストがとても豪華かつ女性らしいと感じました。

使用感/書き味

ペン先は回転式で簡単に引き出せました。ボールペン首軸のグリップは0.8ミリの細身で手の小さい女性の私には握りやすい。ハーバリウムの中身(オイル)や金属チャームがついたことでボールペンが重くなっているかと思いきやとても軽量です。

書き味は滑らかでスムーズです。軽いタッチで本当に書きやすいです。先の見た目よりも細い自体で文字が綺麗に見えます。

インクの交換

付録には替えインク1本がついていました。ボールペン本体のインクが切れても継続して使えるなんてとっても気が利いてるじゃないですか! 芯の交換はペン先を外すだけなのでとても簡単です。

ボールペン後尾のクリップ

厚みのあるものでもしっかりと固定できる強度。
ハードカバーのダイアリーや手帳などに挟んでも安心して持ち運びできました。

 

お得度メーター

色のコントラスト、ハーバリウムの容量そしてさりげないチャームが手元をとても上品に美しく見せてくれるデザインです。書き心地がとても良いのが気に入りました。傍目から見ていても目を引くし、何よりゆっくり動く花が気分をほんわりとさせてくれます。替え芯もついてとってもお得!

付録フォトギャラリー

 

 

【次号予告】

発売日:2019年1月12日(土)
角川春樹事務所
美人百花 2019年2月号

《特別付録》
MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)のマルチティッシュポーチ