雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】 NHKのおかあさんといっしょ 2021年冬号≪特別付録≫こぶたぬきつねこ うたにあわせて♪カタカタボタン

こぶたぬきつねこ うたにあわせて♪カタカタボタンはどんな付録?

ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さんの歌声が流れてくる♬

ボタンを押すとパカッと起き上がる!

(本誌表紙より)

ボタンを押すとおなじみの歌、♬こぶたぬきつねこ が流れます。もちろん、歌っているのはゆういちろうお兄さん&あつこお姉さん!

歌に合わせてボタンを押して、カタカタ音を鳴らして遊びます。

 

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> ABS

<使用電池> 単4乾電池 2本 ※各自で用意します。

 

サイズはどれくらい?

大きさは、A6サイズよりもやや小さめ、ポケットティッシュと同じか、若干大きめです。

厚みは、ツナ缶の半分くらいでした。

<実測サイズ>  12.5×9×1.7㎝

 

付録を使ってみた感想は?

箱から出してみました。おにいさん・おねえさんのシールは自分で貼らなければなりません。

本誌とじ込みになっているシールを好きな箇所に貼り、乾電池を入れて完成です。

乾電池と、プラスドライバーは各自で用意してください。

プラスとマイナスを間違えないようにして乾電池をセット。

シールは、好きなところに貼っていいようです。一応歌と合わせた時に混乱してしまうといけないので、

こぶた⇒たぬき⇒きつね⇒ねこ

の順に貼っていきました。筆者はわりと常識を重んじる小市民なので、オリジナリティーの無い貼り方をしてしまいました。順不同ということで、この順番は厳密に守らなくても大丈夫です。

左手前の ♪音符ボタンを押すと、あの名曲、♪こぶたぬきつねこ が流れます。歌詞に合わせてボタンを押してたのしんでみましょう。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

実際にこの付録を試してみて感動したのは、こぶたぬきつねこ の歌声が、本物のゆういちろうおにいさんとあつこおねえさん、ということ。これはおかあさんといっしょを毎日視聴しているちびっこだけでなく、毎日一緒に見ているパパママ達も、きっと嬉しいに違いありません。

歌声は感動でしたが、実際に遊んでみると、ボタンを押してカタカタさせるだけでは、なんだか物足りないなあと感じました。というのも、ボタンを押すと、

こーぶた(ブーブー)、たーぬき(ぽんぽこポン)、きーつね(コンコン)、ねーこ(ニャーオ)と、合いの手が聞けると思っていたら、ただカカタカタと、アナログなボタンの音が響くだけ・・・

赤の下線部の音声が、ボタンを押すことで動物の鳴き声が出る仕掛けだったら、もっと良かったのにな、と勝手に考えてしまいましたが、税込1,100円の予算内では、これがギリギリ一杯だったのかもしれません。おにいさんおねえさんに大幅に予算を割きすぎた感がありますが、「NHKのおかあさんといっしょ」の付録として制作するのならば、ここは外せないポイントだったのでしょう。

カタカタ鳴るだけのボタンが、令和のITキッズたちにどこまで飽きずに通用できるかは未知数ですが、おにいさんおねえさんたちの美声が聞けるということで、「あり!◎」な付録とさせていただきました。

購入した付録つき雑誌/ NHKのおかあさんといっしょ 2021年冬号

誌名  NHKのおかあさんといっしょ 2021年冬号

出版社 講談社

価格 税込1,100円

発売日 2021年1月15日(金)