雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【購入レビュー】MonoMaster(モノマスター)2019年3月号《特別付録》ハッセルブラッド 6大機能長財布

《特別付録》ハッセルブラッド 6大機能長財布

スウェーデンの高級カメラブランド

ハッセルブラッド
6大機能長財布

サイズ(約)
横20.5×縦11×厚さ2cm

2019年3月号|MonoMaster(モノマスター) 宝島社の雑誌より

サイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

男性の手にちょうどいいサイズ感です。

1,大きく開く小銭入れ……フタ部分にあまり遊びがなく、大量に入れるとスナップボタンが届かない可能性があります。

2,マチ付き札入れ……マチ幅はおよそ5mm。紙類を入れるには十分なスペースが確保できています。

3,クリアカードポケット……カード一枚にSDカードを入れたらジャストサイズ。滑り落ちる心配もありません。

4,カードポケット×3点……ホールド力がありしっかり入りますが、奥まで入れると、出すときに縫い目に引っかかるため、カード自体をつままないとスムーズに出せません。

5,ペン指し……直径12mmのボールペンはOK。直径14mmのグリップ付きボールペンは入りませんでした。

6,パスポート入れ……B5版茶封筒がなんとか入るサイズです。

 

<実測サイズ>

タテ・・・約12cm(ファスナー部分のふくらみ含む)

ヨコ・・・約22cm(ファスナー部分のふくらみ含む)

マチ・・・約2.5cm

付録に使われてる素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC、ポリエステル+裏面PVC貼り

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

生地の品質、縫製の完成度はどうだった?

しっかりとしたレザー調の質感のある表地にはツヤがあり、ロゴやファスナーのシルバーと相まって高級感があります。縫製はほんの一部だけ、糸のしつけの甘さや重なりがありましたが、ほぼ既製品レベルと言っていいかもしれません。ファスナーの開閉もスムーズです。
ただ財布を開くと、内生地のつるつるとしたポリエステルに付録っぽさを感じます。

付録を使ってみた感想は?

財布にボールペンを入れて、閉まるのか?と余計な心配をしました。財布自体にも札入れにもマチがしっかり取られており、しっかりファスナーが閉まります。札入れは横幅も十分あり、日本札を入れても3.5cmほど余裕があるので、領収書やレシート、通帳も入る有能さ。パスポート入れはスリットで薄いものしか入りませんが、出し入れしやすいので、請求書や小切手、伝票などが入るなぁと用途が広がります。

この付録、アリ?ナシ?

個人的な感想ですが、もはや財布に留めておくのがもったいないくらいの収納力です。カードポケットは3つは、財布として使うには少々足りないので、頻繁には使わない銀行のキャッシュカードを入れ、帳簿を付ける前の領収書と通帳を札入れに、明細や宅配記録、振込用紙などをスリットに入れて、銀行用ポーチとして機能してくれそう。子どもがもらったお年玉をまだ銀行に預けていないので、子ども名義の通帳とお年玉を入れて、ATMに行きます。

MonoMaster(モノマスター)2019年3月号

MonoMaster(モノマスター)2019年3月号
宝島社

特別定価:

980円(税込)

2019年1月25日(金)発売

お求めは全国の書店・コンビニにて

JANコード:4910187770398

MonoMaster(モノマスター) 宝島社の雑誌より

次号予告

MonoMaster(モノマスター)2019年4月号
宝島社
発売日:2019年2月25日(月)

《特別付録》シップス
ウォーキングショルダーバッグ