雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】Cookpad plus(クックパッドプラス)2019年3月4月合併号

<付録>リサ・ラーソン ハリネズミ3兄弟 春のおでかけ豪華3点セット

ランチトートは、お弁当や手帳も入るゆったりサイズ。
ナチュラルなキャンバス調の生地がおしゃれさを演出します。
ミディアムポーチとミニポーチは、こだわりのシャンブレー風の生地と落ち着いた色合いで大人かわいい印象。
ミディアムポーチはマチがしっかりとあって収納力があり、メタリックチャームもポイント。
ミニポーチはカードやコインをすっきりとまとめられるフラットなデザインで、使い勝手ばっちりです!

cookpad plus | 雑誌 | 株式会社セブン&アイ出版より

リサ・ラーソン ハリネズミ3兄弟 春のおでかけ豪華3点セット

トート:幅32×高さ17×マチ10cm
ミディアムポーチ:幅19×高さ11×マチ6.5cm
ミニポーチ:幅10×高さ8cm

cookpad plus | 雑誌 | 株式会社セブン&アイ出版より

サイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

・ランチトート
<実測サイズ>
高さ17.5㎝×幅(最大)31.3㎝×マチ11.5㎝
持ち手:11.2㎝
重さ:102g

目一杯入る容量の目安は、一般的な箱ティッシュ2箱分。
ギュウギュウでやや型崩れがするので、これより少なくするくらいがちょうどいいです。
ランチトートはファスナーやボタンはないので完全に見えないようにすることはできませんが、2箱入れてもまだ少し上部に余裕アリ。
紙のサイズはA5ならすっぽり入ります。

・ミディアムポーチ
<実測サイズ>
高さ12.5㎝×幅(最大)17.8㎝×マチ7㎝
重さ:31g

350mlのペットボトルは余裕で入り、ファスナーを閉めてもゆとりがあります。
A6サイズが横向きに入るので、母子手帳Sサイズやお薬手帳の収納にちょうどいい大きさ。
目一杯入る容量の目安は、ハンドタオル5枚分です。パンパンになりますが、ぎりぎり閉まります。

・ミニポーチ
<実測サイズ>
高さ9.1㎝×幅10.5㎝(マチなし)
重さ:16g

きちんとファスナーが閉まる目一杯の容量の目安は、100mlのパックジュース1本、子ども用サイズのポケットティッシュ2個(9cm×6cm)です。

付録に使われてる素材はなに?原産国は?

<素材表記>トートバッグ 主素材:ポリエステル、綿
中ポーチ 主素材:ポリエステル
小ポーチ 主素材:ポリエステル
<製造国>MADE IN CHINA

付録を見た、触った感想は?

・ランチトート


本体表は自立するくらい厚手で固め、しっかりとした手触りの粗いキャンバス地。
裏地は付いていませんが、バッグの内側はやや厚めのビニールシートのような加工がされています。
持ち手は柔らかい、やや薄手の生地です。
箱に入っていた時は折れていましたが、広げて形を整えたらシワは付きませんでした。

生成り地に映える黒のタグには、ロゴと共にハリネズミ3兄弟の名前が印刷されています。
内側が新しいビニール素材の独特な匂いがしますが、顔を近づけないと分からない程度でそこまで気になりません。

・ミディアムポーチ

表側は一見、デニムやシャンブレー生地のような見た目ですが、柔らかいポリエステル生地で、手触りは少しザラっとしています。
生地の厚みは普通ですが、形を整えれば自立する程度のハリ感。
こちらも裏地はありませんが、内側はビニールコーティングされていて、つるつるで光沢があります。
ハリネズミ柄は少し凹凸のあるプリントです。
内側がやはり匂い、3つの付録の中で1番匂いを感じました。ただ、外側まで来ない程度なので使っていくうちに気にならなくなるレベル。
ファスナーチャームは同じくハリネズミ模様になっています。

・ミニポーチ

ミディアムポーチと同じくシャンブレー風のポリエステル生地です。ミディアムポーチよりややしっかり目。
ビニール感とはまた違う少しさらっとした手触りでムラのあるナチュラルな色見です。見た目はリネンのような感じ。

内側がやはりビニール素材の少し独特な匂いがしますが、まずアイテム自体のサイズが小さく顔を近づけて使用することはないので問題ないです。

縫製の完成度は?

・ランチトート

全体的に見ると縫い目の幅はほぼ均一ですが、場所によっては曲がって縫われていたり生地から縫い目が落ちてしまっていたりする個所があります。
持ち手の補強はありません。一番負荷がかかる箇所なので、耐久性が気になるところ。
内側のマチ部分は不織布(バッグを購入したときなどに入れられる白い袋)のようなものでパイピングされていますが、片側の縫製がずれていて包まれていない部分があります。
マチ部分の縫い目も少し曲がっている箇所がありました。
また、左右の縫製ですが縫い目自体は特に曲がったりはしていないのですが返し縫いが重なっていません。補強以外の目的があるのかは謎。

・ミディアムポーチ

縫い目は曲がったりしていませんが、形を整えたら片側のマチ部分から内側のパイピングが少しはみ出していました。

また、内側のマチ部分はランチトートと同じ素材の黒い不織布でパイピングされていますが、左右どちらも片側がほつれていてパイピングの布が取れてきています。

・ミニポーチ

縫製で特に気になる点はありません。
縫い目の曲がり等もなく、元々単純な形なのでゆがみなども見られません。

 

付録を使ってみた感想は?

・ランチトート

肘の辺りまでストレスなく通り、持つときに楽な、十分な長さの持ち手。
生成り色でシンプルですが、シンプルな中にハリネズミという柄が入っていて思わずほっこりします。
携帯、ハンドタオル、財布、350mlのペットボトルを入れてみましたがまだ余裕がありました。
ボタンやファスナーなどはない簡単な作りですが、そのおかげで口が大きく開きます。

・ミディアムポーチ

縦の長さもありマチは7㎝と広めなので収納力もバッチリ。350mlのペットボトルが横向きにすっぽりと収まりました。
ファスナーチャームは可愛いだけでなく形が丸いので持ちやすく、開け閉めもチャームの大きさが程良いためスムーズ。
デザインはハリネズミの総柄ですが、かすりがかったグレーなので可愛くなり過ぎず、大人女子が使っても違和感がありません。

 

・ミニポーチ

手のひらサイズなので収納力はまりありませんが、マチのないフラットタイプなのでバッグの中でスマートに収納できます。
小物だけではなく、小銭入れ、カード入れとしても活躍してくれそうです。
カード類は、一般的なキャッシュカードの厚さのものを16枚入れてみましたがまだ入りそうでした。

ただ、この時点で出し入れの際にファスナーの内側に引っかかってしまったので、これよりも少し少ない方が、出し入れしやすいです。
ファスナーは、最後まで閉まらず少し隙間が空くのと、一番端まで開けると引っかかって戻すのが結構大変です。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

リサ・ラーソンのランチトートだけで市販品は2,500円程で販売されているのでかなりお得!

幼児連れでちょっと公園に行くくらいだったらこのランチトートに子どもの荷物と財布、携帯など最低限の荷物が入ります。
着替えまでは入らないので短時間のお出かけまでならOK。

購入した付録つき雑誌/ムック

 

<雑誌>Cookpad plus(クックパッドプラス)

<発売日>2019年2月1日
<出版社>セブン&アイ出版
<価格>980円

<コラボブランド>リサ・ラーソン

cookpad plus | 雑誌 | 株式会社セブン&アイ出版より