雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【購入レビュー】otona MUSE (オトナミューズ) 2018年9月号+付録IENA(イエナ)2階建てバニティ

購入した雑誌/ムック

<雑誌>  オトナミューズ2018年9月号
<発売日> 2018.7/27
<出版社> 宝島社
<価格>   ¥ 920

どんな付録がついてるの?

仕切りやポケットが大充実!IENA(イエナ)2階建てバニティ

サイズ(約):タテ15×ヨコ20×マチ12cm

素材:ポリエステル、塩化ビニル樹脂

MADE IN CHINA

上段にファンデやメイクブラシ、下段にボトル類が入る2段バニティです。

付録の実際の大きさは?

バニティの底面(内寸)はB6サイズくらいです。

参考までに私物をいれて撮影してみました。

上段メッシュポケット・・・ファンデケース(ヨコ13×タテ7センチ)

上段ブラシケース・・・ヘアクリップ(全長11.5センチ)ハンドクリーム(最大幅5×厚み3×全長11センチ)

下段右・・・メイクボックス(15×11×高さ8.5センチ)

下段左・・・ローション&ミルク(直径5×全長14センチ)

素材の感じは?

モノグラム生地 → 手触りはまるでコットンみたい。本体生地の間にはスポンジが挟まっているからふんわり柔らかいのにしっかり分厚い。

ブランドロゴ → 銀糸の刺繍

ファスナー → 輝くゴールド金具

ハンドル&トリム → サフィアーノレザー調の型押し合皮

刺激を感じさせるニオイなし

購入した感想は・・・

手触りの良い生地に、高級レザー風の合皮ハンドルやトリムをあしらった完成度は付録と思えないほどハイクオリティ。

収納デザインも私にとっては大変秀逸でした。平置きすると面積を取りがちで、別アイテムの上につい何個も重ねてしまうファンデケースやアイシャドウはぜひ上段メッシュポケットに入れておきたいですし、ペンスタンドに立てていて別アイテムと見分けがつかないマスカラやアイブロウ、アイライナーはブラシホルダーに入れての横置きが探しやすいことに気が付きました。そして下段へ、私物のコスメボトル(全長14センチ)がパツパツながら入りきったのがもう間違いないです。

私はオトナミューズのコラボブランドや、付録生地にプリントされたモノグラムやロゴに惹かれたわけでなく、「仕切りやポケットが大充実!」と機能性の高さを謳ってることに興味があって購入してみたんですが、手を出すのをためらわず入手時期を逃さず、見つけ次第購入したのは正解だったと感じてます。

お得度メーター

これがいわゆる、「付録とは思えない」ってやつ❕❔

付録フォトギャラリー