雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入開封レビュー】JJ(ジェイジェイ)2019年4月号【付録】 Andemiu(アンデミュウ)ギンガムチェックポーチ

Andemiu(アンデミュウ)ギンガムチェックポーチはどんな付録?

●今月の特別付録●
出会いの季節、バッグの中も好印象に♪
Andemiu(アンデミュウ)のギンガムチェックポーチ!

JJ|最新号|雑誌|光文社

「普段必要なものが全部入る大容量サイズ!18cm×12cm×5cmでマチもしっかりある形。(本誌p.87より)」

「春らしいネイビーのギンガムチェック、実はAndemiuのスカートからインスピレーション!今年のトレンドもしっかり押さえています。仕事用のバッグから出しても、きちんとした印象をキープできるはず。(本誌p.87より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

容量・・・ペットボトル200mlが1本入りました。

収容サイズ・・・A6サイズがヨコ向きで入りました。

<実測サイズ>

タテ約13.5cm ヨコ18.5cm

底面タテ約4.5×ヨコ14cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>合皮PVC ポリエステル(金属部分:亜鉛合金)

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

合皮で厚みのある生地で、滑らかな触り心地。マットな見た目で、硬めの素材です。

たとえるとプチプラのバッグにつかわれているような生地です。しなやかさがあるので、折り曲げたりしても跡がつきませんでした。

開封時にビニールの匂いもしませんでした。ほぼ無臭かも。

今季のアンデミュウは「透け素材」がキーワード。トレンド感のあるチュール素材が引き手に使われています。ふわふわでエアリーな素材です。

たたし、チュールは端が加工さていないため、使用しているうちにほつれていきそうです。不安な場合は手芸用ボンドなので端を固めると安心です。

付録の品質はどう?

ミシン目は3mmほどで、一定に縫われています。パイピングや裏地部分にもほつれやツレなどはありませんでした。

付録を使ってみた感想は?

荷物をいれると自立するため、メイク道具をいれると取り出しやすく便利でした。

開口部はがばっと開くため、中に荷物がいれやすくGOOD!

水で濡らしてみたところ、生地が水をはじき、濡れませんでした。

ファスナーのすべりがよく、引き手がもちやすので、開閉もらくらく♪

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大きめなギンガムチェックでとにかくカワイイ!しかもちょっとくすんだカラーでシックな感じ。

ネイビーカラー×シルバーのロゴとか、とにかく好みすぎるーー。もう1つ欲しいので新たなに購入予定です!マチがあるから以外と容量も入るし、持ち歩き用のメイクポーチにする予定。

購入した付録つき雑誌/ムック

誌名 JJ4月号
光文社

2019年4月号
2019年2月23日発売
特別定価:850円(税込み)
表紙

JJ|最新号|雑誌|光文社