雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMax(モノマックス)2020年7月号増刊号《特別付録》ナノ・ユニバースショルダーバッグ

MonoMax(モノマックス) 2020年7月号増刊号の付録の見本品を、出版社様のご厚意でお譲りいただきました。

そこで当記事にて、いち早くご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

MonoMax(モノマックス) 2020年7月号増刊号はセブンイレブン&セブンネットショッピング、宝島社チャンネルにて限定発売です。

ナノ・ユニバースショルダーバッグはどんな付録?

MonoMax 7月号増刊号の特別付録にナノ・ユニバースショルダーバッグが登場!
タフ素材を使用していて、水に強く、梅雨の時期のお出かけにも最適です。

付録ライフより

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ・容量】

本体内にはB6サイズの本(実用書)が3冊収納できました。

500mlや600mlのペットボトルもヨコ向きに入ります。素晴らしい!

前オープンンポケットには各ポケットに下記画像のものが入りました。

<実測サイズ>

・本体:縦17cm×横24cm×マチ5.5cm

・ショルダー紐:最大134.5cm※調節可能

付録素材を見た、触れた感じは?

予告画像には“水にも強いタフ素材”と紹介されていました。

筆者はタフ素材というものがわからず、調べてもどのような素材かはっきりとした情報がわからず……。

ただ、見た目はポリエステル素材っぽく、細かい凸凹があります。サラサラした触り心地です。もしかしてタフな素材?!だと思いはじめました。

厚みはしっかりあり、付録のショルダーバッグにしては厚手だと感じました。

裏地はツルツルとしており、付録カバンによく使われている素材です。こちらはおそらくポリエステル生地だと思います。

付録の品質はどう?

本体表側は、ファスナー部分のみ縫い目が見えます。

表側のミシン目幅は約4mm。一定にキレイに縫われていました。

内側はパイピングが5mm幅のミシン目幅。特に気になるような箇所はありません。

形もとてもキレイなフォルムです。

付録を使ってみた感想は?

ファスナー

ファスナーはひっかかることなく、すべらかに開閉できます。

片手で楽々ファスナーを開けたり閉めたりすることができました。

ショルダー紐

ショルダー紐は調節可能で最大約134.5cm。

ショルダー紐を一番長くした状態で、身長155cmの筆者がななめがけをすると開口部が腰骨から指2本分ぐらい下の位置に来ました。

最近のショルダーバッグは短めにしてかけるスタイルですが、男性向け雑誌ということもあり、長さも充分にあります。

撥水性・防水性

予告画像にてタフ素材で水に強いと書いてあったので、水をたらしてみて撥水性や防水性をチェックしました。

水をかけると水を弾きました。そのまましばらく放置すると、少しずつ吸収されていきます。

中身を触ってみたところ、内側は特に濡れていませんでした。

10分ほどで表面も乾いていました。

 

タフ素材のカバンは今回初めて使用しましたが、確かに“水に強い”です!

この付録、アリ?ナシ?

あり!

しっかり厚みがあり、付録とは思えない高品質なショルダーバッグです。個人的には、既製品並みのクオリティだと思います。

 

細かく分けられた収納とすっきりとしたデザインはスタイリッシュながら実用性もバッチリ!500mや600mllのペットボトルは入るサイズなのもかなり嬉しいです♪

水にも強いので、これからの梅雨や汗だくになる時期も安心して使えます。

 

購入した付録つき雑誌/ムック

 

MonoMax 2020年7月号増刊号
発売日:2020年6月9日(火)
出版社:宝島社

※セブンーイレブン&セブンネットショッピング、宝島社チャンネル限定
付録違いの2020年7月号も同時発売です。