雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMax(モノマックス)2020年7月号《特別付録》SHIPS(シップス)三つ折り財布

MonoMax(モノマックス) 2020年7月号の付録の見本品を、出版社様のご厚意でお譲りいただきました。

そこで当記事にて、いち早くご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

SHIPS(シップス)三つ折り財布はどんな付録?

パスケースにもなる! コンパクトで扱いやすい大人の三つ折り財布!

宝島社チャンネルより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

財布を閉じた状態だとパスポートサイズより少し小さいぐらいです。

厚みはポケットティッシュ2個分ぐらいでした。

【容量】

1,000円札を3枚入れてもまだまだお札入れに余裕がありました。

小銭入れには硬貨が20枚入りました。こちらもまだスペースに余裕がありました。

ただ、あまり入れすぎると財布のボタンが留められなくなってしまうので、小銭を入れすぎ&溜めすぎないように注意したほうが良さそうです。

カードポケット×6にはキャッシュカードやポイントカードが各2枚ずつ入りました。

本体背面にもカード入れがあり、交通カードが入ります。

<実測サイズ>

縦8cm×横12cm×厚み2.5cm※閉じた状態

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>PVC ポリエステル 鉄

<生産国>MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

財布の生地は、レザー調の合皮素材。繊細なシボが入っていました。

厚みはしっかり。固さもあります。

手にもつと程よい重みを感じました。

ロゴは箔押しです。さりげなさが上品です。

付録の品質はどう?

縫い目は約3mmで細かく、キレイに揃っています。

財布背面にあるカードポケットの生地が切りっぱなしだったり、財布を開くとシワがよったりする点には付録らしさを感じたものの、縫い目も細かく、厚みもあります。

付録と考えると充分な品質だと思いました。

付録を使ってみた感想は?

小銭入れ

小銭入れは開口部が狭く、中の小銭が見えにくいです。また指を入れにくいため、小銭の出し入れも少し不便に感じました。

小銭入れのファスナーの開口はスムーズです。

ファスナーが最後まで閉まらず、少し隙間が空いていました。

隙間から硬貨が出てきてしまわないか不安に思ったので、財布を閉じた状態で上下に100回激しく振ってみました。

隙間から硬貨からはみでてしまうことはなかったです。

カード入れ

カードは2枚ずつ入りました。これ以上カードを入れると、財布のボタンが閉めにくくなります。小銭と同様、入れすぎ注意です。

本体背面には交通カードが入れられるので、通勤・通学にも便利です。

サイズ感

ミニ財布を想像していた為、個人的には思ったよりも大きく厚みがあるように感じました。

デニムやボトムスのポケットに収納できるサイズで長財布よりはかなりコンパクト。

ただ、男性がビジネスで持っているような2つ折り財布に比べると大きいので、小さくてスリムな財布を探している人にはやはり少し大きく感じるのではと思います。

ボタン

財布のボタンはやや固め。5回に1回ぐらい、ボタンに上手く閉められない時がありました。

ただ私が不器用なだけかもしれません。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

シンプルイズベストなシップスの三つ折り財布。

財布の内側にさりげなくロゴがあり、なんだか奥ゆかしさを感じました。

丈夫な生地でしっかりとした作りです。財布背面のポケットに、交通カードやクレジットカードを入れておけば、移動や買い物の際にわざわざ財布を取り出さなくても良いのが便利だと思いました。

性別・世代関係なく持てそうなのでレジャー・外食費用の家族共有財布にしたいと思います。

紹介した付録つき雑誌/ムック

MonoMax 2020年7月号
発売日:2020年6月9日(火)
出版社:宝島社

価格:980円(税込)

付録違いの2020年7月号増刊号も同時発売です。増刊号のレビューはこちら